ホーム » アプローチ、パット、トラブル »

パッティングでのアマチュアラインとプロライン

パッティングでのアマチュアラインとプロライン


スポンサード リンク

パッティングにはプロサイトとアマチュアサイドという言葉があります。これはパットのコツとしてかなり重要なものです。

例えばグリーンが左に傾斜している場合。まっすぐ打つと、グリーンの左側が下がっているので、ボールが左に曲っていきます。いわゆるフックラインです。

スポンサーリンク

こうした場合、左に曲がるのを見越して、その分カップよりも右側に向けてボールを打っていきます。

さて、もしこのパッティングが外れたとして、重要なのがボールがカップの左側を通って行ったか、右側を通って行ったかです。

この場合、左側を通るのがアマチュアラインです。つまり、カップより低い位置を通っていった場合です。

一方、カップの右側、つまりカップより高い位置を通れば、プロラインです。

プロラインがよい

このアマチュアラインとプロラインのどちらがよいのかと言いますと、プロラインです。

なぜなら、プロラインであれば、カップよりも高いところを通っているので、パットの勢いなどによってカップインする可能性もあるからです。

一方、アマチュアラインはカップより低いところを通っているので、カップインする確率は0%です。ボールが重力に逆らって高い位置のカップまで自ら転がっていくなどということはありませんから。

つまり、パッティングをするときは、カップよりやや高いほうをボールが通るようにパットすべきだ、というわけです。アマチュアラインでは入る確率がゼロだからです。

これは、カップインをまず狙えないロングパットの時にもいえます。ロングパットではなるべくカップに寄せることが大事ですが、そのときでもプロラインで打つようにします。

そうすれば、幸運にもカップインできるかもしれません。それに、もしカップを外れても、アマチュアラインよりもカップに寄せることができます。上記のフックラインの場合、カップの右を通ってボールが左に行くからです。

その点、アマチュアラインではボールがカップの左を通ってもっと左に行きます。そのため、残りのパットが長くなってしまうのです。

プロラインと「ネバーアップ、ネバーイン」

このアマチュアラインとプロラインは、パットの「ネバーアップ、ネバーイン」とも共通する考えです。ネバーアップ、ネバーインは、カップに届かない(ショートした)パットでは絶対にカップインしないということです。

そして、アマチュアラインは、カップより低い位置を通ったパットは絶対にカップインしないということです。

パッティングは私も四苦八苦することがありますが、それでもプロラインを心がけ、またショートしないように心がけるだけでも、パットの数を減らすことができるはずです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)