ホーム » アプローチ、パット、トラブル »

ピッチエンドランとは、ピッチショットなど

ピッチエンドランとは、ピッチショットなど


とは、ボールをある程度上げ、グリーンに落ちてからは転がしてピンに寄せていくアプローチの方法。(参考文献1)

アプローチにはランニング、ピッチエンドラン、ピッチショットの3種類があります。プロの場合は、それぞれスピンコントロールを変えたりしていろんな技を持っているそうです。

スポンサーリンク

なにしろプロは寄せで1ヤード刻みで距離を打ち分けられるそうですから、やはりすごいです。

アマチュアの場合、そんなにアプローチに練習時間も取れませんが、なるべく正確なアプローチでピンに寄せたいものです。

アプローチの基本は、ランニングです。最初に少しだけボールを上げて、残りは転がします。これが一番危険が少ないです。

しかし、グリーンまでの間に障害物があって転がせない場合には、ピッチエンドランを使うことになります。

それでもだめな場合、例えばボールとグリーンの間にバンカーがあり、しかもバンカーのすぐ後ろにピンがあるような場合には、ピッチングショットで攻めるしかありません。

ピッチエンドランの打ち方ですが、スタンスの真ん中にボールを置いて打ちます。

左足に体重を多くかけるというレッスン書もありますが、当サイトはシンプルな方法を追求していますので、両足均等体重でよいと思います。

なお、アプローチではプロや上級者はフェースを開いて打ちます。こうすればバックスピンが多くなってボールが止まりやすくなるからです。

ただ、これができるならそれでよいですが、フェースを開かずにスクエアスタンス、スクエアフェースでも十分です。

スポンサード リンク

ピッチショット

ボールを高く上げ、ピンの近くに落として止めるアプローチショット。ボールにバックスピンを多くかけるように打つのがコツ。

アプローチで最も難しいのがこのピッチショットです。ロブショットとも言います。ただ、言ってしまえば普通のアイアンショットと同じです。

ピッチショットでは、右足や左足体重にせよという説もありますが、私は正確不動法でのアイアンショットと同じく、両足に均等に体重をかければ十分だと思います。

ボールの位置も正確不動法の基本通り、左足かかと線上です。そして距離に合わせた大きさのスイングをすれば十分です。

ただ、ピッチショットでは球を高く上げますから、ミスショットも多くなりがちですし、風の影響も受けます。ランニングやピッチエンドランでは対処できないときにだけ、ピッチショットは使いましょう。

ピッチングウェッジ

アプローチ用に使われるロフトの大きいアイアンクラブ。番手でいえば10番アイアンに相当する。

「ピッチング」と略されることが多いです。最近ではもっとロフトの大きなアプローチング・ウェッジ(AW)などもあります。

サンドウェッジはバンカーショットで使われることがほとんどですが、ピッチングはアプローチで頻繁に使います。

ピッチショットの場合はピッチングを使うことがほとんどです。ランニングやピッチエンドランの場合にも、落としたいところまでの距離によって、ピッチングやショートアイアンを使い分けます。

ちなみに私は、ラウンドではピッチングとサンドの2本のウェッジで十分だと思っています。

なお、練習場で練習を始める際、いきなりドライバーを握るというのはおすすめできません。体がほぐれていないのにドライバーでフルショットをすると、体への負担が大きいからです。

そのため、ウォーミングアップやストレッチをした後、ピッチングウェッジなどの短いクラブで小さいスイングをして、次はハーフスイング(正確不動法ではこれが原則フルショットです)、そして次はショートアイアンというように体を慣らしていくのがよいと思います。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)