ホーム » アプローチ、パット、トラブル »

中部銀次郎が1メートルのパットばかり練習する理由

中部銀次郎が1メートルのパットばかり練習する理由


スポンサード リンク

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)「中部さん、なぜ1メートルのパットばかり練習してるんですか?」

ゴルフの流れを変えるのはショットより、むしろパットの成否にかかっていることが多いからです、と中部銀次郎は答える。

スポンサーリンク

「それは特に、これを入れればバーディ!なんてパットですか?」

いえ…バーディーというより外したらダブルボギーというパットです。それが入るかどうか崩れそうなヤマ場を切り抜けられるかどうか。

いわば、その日のゲームのターニングポイントとなるようなボギーパット…。それはたいがいファーストパットを1メートルほど外した形で訪れます。

それだけじゃなく1メートルを確実に入れる自信をつければ、ロングパットも非常に楽に打つことができます。

カップを中心に前後1メートル、グルリと円を描けば直径2メートル。これだけ大きい目標ならどんなロングパットでも楽に打てるでしょう?

「確かに! 1メートル以内というのをライン上だけではなく平面的に広げると驚くほど大きなターゲットになるんですね!」

そういうイメージを持たずにロングパットに臨むから、とんでもなくオーバーしたりショートして3パットしてしまうんじゃないんでしょうか。

5メートル、いや3メートルのパットだって入るかどうかは偶然といっても過言ではありません。だからこそ1メートルを集中して練習する。
(引用終わり)

パットがゴルフの流れを変える

今回は中部銀次郎さんのパッティングについてのお話でした。

ゴルフの流れを変えるのはショットよりもパットというのは、なるほどと思いました。いくらナイスショットを打てても、パットを外してしまってはイーグルやバーディは取れません。

それに、精神的にもパッティングを外すとがっかりしてしまいます。そういえばタイガー・ウッズも最近パットの調子が悪く、確か読売新聞に書いてあったと思いますが、長年愛用のパターから契約先のナイキのものに変えたそうです。

しかし調子は戻らず、また昔のパターに変えたとか。タイガーはショットは悪くないようですが、パットがかなり不調のようですね。

ちなみにタイガーの家にはパター工房があり、たくさんのパターを職人さんが調整できる体制になっているそうです。スケールがすごいですね。

プロが試合で勝つには、すべてがかみ合わないと難しいです。ショットがよくてもパットが入らないと勝てないでしょう。タイガーがパッティングをどう修正してくるか、注目です。

ダブルボギーを防ぐ意味

さて、中部さんの重視しておられるのは、これを外すとダブルボギーというパットです。ダボを出してしまえば流れが一気に悪くなってしまうからでしょう。

確かにカップだけを考えると、小さな点になるべく近づけなければいけないので、すごくプレッシャーを感じます。しかし、中部さんのように1メートルのパット練習を重点的にして、1メートルのパットに絶対の自信を持てれば、たとえロングパットであっても、その円内にいれればよいのですから、気楽にパッティングできます。

これはまさに目からうろこでした。半径1メートルの円の中にファーストパットで入れればよいのですから、縦(手前と奥)だけでなく、横(右と左)でもかなり楽に感じることができます。

最後に、3メートルのパットでも入るのは偶然とおっしゃるところが、自分を客観的に見ることのできる中部さんらしいなあ、と思いました。
参考:パッティングでヘッドをまっすぐ引く

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)