ホーム » アプローチ、パット、トラブル »

前上がり、左足下がりなどの斜面からのショットの打ち方

前上がり、左足下がりなどの斜面からのショットの打ち方


スポンサード リンク

斜面のライからのショットの注意点をご説明します。まずは前上がり(つま先上がり、前足上がり)からのショットです。

前上がりの場合は、ボールが左に曲がるので、目標をやや右に定めます。

スポンサーリンク

体重は両足の指の付け根にかけます。こうすることで、後ろによろけないようにスイングできます。

クラブの番手は1つ大きめにします。これは、ボールが平らなところより高いところにある分、クラブを短く握るからです。

ボールの位置はスタンス中央に置きます。ボールの手前をたたきやすいからです。

前下がり

前下がり(前足下がり、つま先下がり)のスイングです。

ボールが右に曲がるので、その分左を向いてアドレスします。

ボールの位置はスタンスの中央に置きます。

体重はかかとにかけます。こうすることでスイング中にふらつくことを防ぎます。

トラブルショット全般にいえることですが、前下がりのような特殊なライでも、尾骨の位置・角度を動かさないことに集中します。そうすれば、構えたときのクラブヘッドの状態でインパクトできるので、安定したショットができます。

左足上がり

左足上がりの斜面では、フェースが返りやすいためにボールが左に曲がります。つまりフックします。その分右を向いてスタンスをします。

体重は低い方の右足にかかるようにアドレスします。こうすることで、斜面に逆らわずに立つのです。

クラブの番手は、1つ上げます。左足が上がっている分、ロフトが立ってしまうからです。

右足体重になっている分、スイングのトップが大きくなりがちなので気をつけます。

体重移動を使用とする必要はなく、右足体重のままでフィニッシュまで行きます。

左足下がり

左足下がりの斜面では、ボールが右に曲がります。そのため、その分左を向いて構えます。

ボールの位置はスタンス中央に置きます。

クラブの番手は打ち下ろしになる分、1つ下げます。高いところから低いところに打つので、高さの分飛距離が出るためです。

左に体重がかかるので、フォロースルーで左ひざが左へ流れないように注意します。この点は、正確不動法の原則どおり、尾骨の位置と角度を動かさないように意識すれば、体が左に流れずに済みます。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)