ホーム » アプローチ、パット、トラブル »

林やラフに入ったときのゴルフマナーの注意点

林やラフに入ったときのゴルフマナーの注意点


(参考文献2から引用)
ラフや林にボールが飛んでいったら、ボールがどんな状態で止まっているかわかりません。トラブルショットと考えて、ロフトのあるクラブとないクラブを2、3本持っていきましょう。

ボールがラフに沈んでいれば、ロフトのあるクラブでないと打てません。また、林の中は雑草が生えていたり、土が露出していたりして、決していいライはありません。

スポンサーリンク

ほとんどの場合、ボールを低く打ち出して転がすことになります。

ラフや林の草むらのなかでボールを捜すときには、間違ってボールを動かしてしまわないように十分注意しましょう。

ボールを動かしたり、踏みつけたりすると、それが偶然であっても、1罰打を付加されます。(引用終わり)

クラブを2、3本持っていくのは、トラブルショットのときでなくても役に立つマナーです。自分でキャディバッグを担いでいる際は別ですが、カートなどでプレーしているなら、そこから2、3本のクラブを持っていけば、スムーズにプレーできます。

林に打ち込んだときには、ロフトの小さなアイアン、例えば5番から7番あたりで低く転がすようにフェアウェーに戻すのが基本です。

ラフなどでボールが草に乗っていたりすると、故意でなくても動かしてしまうおそれがあります。そのため、球の近くの草は踏まないなどの注意をしましょう。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)