ホーム » 正確不動法 基本編 »

正確不動法のゴルフスイングで肩をどこまで回すか

正確不動法のゴルフスイングで肩をどこまで回すか


スポンサード リンク

読者の方から、正確不動法では肩をどこまで回すのかというご質問をいただきました。

まず、正確不動法は基本的に、トップの位置が通常でいうハーフスイングの位置になります。

スポンサーリンク

このとき、1)スイングを真上から見たときに、左腕が飛球線と並行になり 2)スイングを正面から見たときに、左腕が地面と並行になっている という状態になります。

肩の角度で言えば、スリークォーターやフルスイングになりますと、肩が90度くらい右に回転した状態になります。ということは、正確不動法でのトップの位置(ハーフスイング)では、肩は90度までは回転しないということになります。

左腕が飛球線と平行になる大きさのスイングといいますと、かなりコンパクトなのですが、バックスイングで右膝をアドレス時の状態をなるべく保つ(膝を伸ばさない)ように気をつけてクラブを上げていくと、意外と飛距離が出ます。

しっかりとボディーターンができているからです。そのため、飛距離もあまり落ちずに済むと思います。

なお、応用編でご紹介したスリークォータースイングを採用している場合には、ハーフスイングの位置よりもスイングが深く、高くなります。

ハーフスイングは難易度が低い

私自身の経験から申しましても、一般のハーフスイングと、それよりもスイングを大きくしたスリークォーターやフルスイングとでは難しさにかなり差があります。

ということは、ハーフスイングの位置に留める正確不動法はマスターするのがとても早いと言えます。

そこで、まずはハーフスイングの位置をトップの位置と定めて練習し、正確なショットが打てるようになったうえで、もっと飛距離がほしいという場合には、スリークォーターまでスイングを大きくするのもひとつの案です。

ただ、スリークォーターにするには、私のように体が硬いゴルファーの場合、ストレッチを続けることで柔軟性を高める必要があるかもしれません。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)