ホーム » 正確不動法 基本編 »

ゴルフスイングのグリップはオーバー・ラッピングでスクエアに

ゴルフスイングのグリップはオーバー・ラッピングでスクエアに


スポンサード リンク

それでは正確不動法のゴルフスイングの基本編です。まずはグリップです。

グリップはオーバーラッピング、インターロッキング、ベースボールの3通りがありますが、ベースボールは一般的ではありません。したがってオーバーラッピングとインターロッキングのどちらがよいかということになります。

スポンサーリンク

これは現在のグリップのやり方をそのまま続けていただいてもかまいませんが、個人的にはオーバーラッピングがおすすめです。

オーバーラッピング・グリップはハリー・バードンという人が考案したといわれ、別名バードングリップとも言います。このオーバーラッピングの長所は、多くの人の利き手である「右手」の力が入り過ぎないようにすることで、左手主導のゴルフスイングを可能にする点にあります。

インターロッキンググリップ

一方、インターロッキングは(現在はどうかわかりませんが)タイガー・ウッズも採用しているグリップです。私も最初はインターロッキングにしていましたが、どうも手に力が入りすぎる気がするのです。

正確不動法はいわゆる「手打ち」のスイングではありませんので、グリップに力が入りすぎるのは正確性(方向性と距離感)を保つ上で避けたいことです。

そのため、インターロッキングで手打ちでない自然なスイングをされている方は大丈夫ですが、そうでない場合にはオーバーラッピング・グリップをおすすめします。

スクエアで握る

続いて、グリップの向き(角度)についてご説明します。

グリップの角度には3通りあります。
・スクエア・グリップ: 自然なグリップで、左手の甲が飛球線と直角になります。
・フックグリップ: グリップ全体がスクエアグリップより右を向きます。
・ウィークグリップ: グリップ全体がスクエアグリップより左を向きます。

このうち私のおすすめするのはスクエア(スクウェア)グリップです。正確不動法ではグリップもスタンスもスクエアが基本ですので、覚えておいてくださいね。

スイング作りをしていて、球がスライスしたりすると、どうしてもその場で修正したくなってグリップの向きを変えてしまうようになりがちです。

しかし、いったんそれをすると、次はスタンスを変えて、次はフェースの向きを変えて、というようにスイングがどんどん複雑になってしまい、最後にはどこをどう直せばいいのかわからなくなってしまいます。

そのため、グリップはスクエアのみにして、変えないで下さい。こうすれば、スイングがおかしくなったときに直すべき箇所がわかります。

独学でスイングを完成させるには、とにかくシンプルなスイングが必要なので、ぜひともスクエアグリップで固定してください。

グリップは無駄な力を入れずに握る

グリップでとても重要なことは、手に無駄な力を入れないことです。手に無駄な力が入ってしまうと、飛距離や方向性がばらばらになってしまいます。これが「手打ち」はいけないといわれる理由です。

これを詳しくご説明すると、手の力で飛ばそうとすると、手にどれだけ力が入っているかによって毎回飛距離が変わってしまいます。また、左右の手の力の入り具合によって球の飛ぶ方向も変わってしまい、方向性が定まらなくなってしまうのです。

後述しますが、正確不動法は基本的に捻転によるボディーターンで飛ばすという方法です(捻転を使わない方法もご紹介します)。手の力で飛ばそうとする「手打ち」ではないのです。

聞くところによると、アメリカPGAの選手の多くは身長が高く、腕が長い。それゆえスイングに強い遠心力が働く。また、腕力も強いため、長いラフにも負けず、飛距離を出すことができる。

そのため試合に有利で、日本人ゴルファーが苦戦する理由もここにある、ということです。

こういったことから、ゴルフに一律に腕力や握力などの手の力が不要だとは申しません。実際、タイガー・ウッズもたくましい二の腕をしています。

しかし、アメリカの選手の話は一流のプロの話で、おそらく彼らはボディーターンによるスイングを習得した上で、正確さを保ったまま腕や手の力も上手に使って飛ばすことができるのでしょう。

つまり、プロとアマとは別に考えたほうがよさそうです。

適度に力の抜けたグリップ

それでは、手打ちから脱却したスイングをするためのグリップとはどういうものでしょうか。やはり、無駄な力をいれないグリップといえます。

実は、グリップの力が適度に抜けているほうが、飛距離が出ます。それは、リストコックがほどかれるときに発生するエネルギーをうまくボールに伝えることができるからです。

もっと端的にいうと、グリップに無駄な力がはいっていなければ、リストコックがスムーズにほどかれて、ボールがよく飛ぶということです。手にがちがちに力が入っているとこうはいきません。

加えて、グリップに力がはいっているとインパクト時にヘッドが戻りきらず、球が曲がってしまいます。

というわけで、グリップにはむだな力を入れないのは正確不動法にとってとても重要なポイントであり、すぐにスイングに上達できるコツともいえます。

それではどれくらいの力で握ればよいかといいますと、「クラブが飛んでいかない程度に力の入った状態」がよいと思います。

つまり、できる限り手の力を抜いた状態がよいです。これにより、正確性と飛距離が安定したスイングに近づけます。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)