ホーム » 正確不動法 基本編 »

ゴルフスイングのスタンスもスクエアが鉄則

ゴルフスイングのスタンスもスクエアが鉄則


続いて正確不動法のゴルフスイングでのスタンスを解説します。スタンスはショットの方向性を高めるのにとても重要です。

スタンスには以下の3通りのものがあります。

スポンサーリンク

・スクエアスタンス: 基本のスタンスです。飛球線に対し平行にスタンスをとります。
・オープンスタンス: 飛球線に対し、左を向いたスタンスです。左足を後ろに引いたスタンスです。
・クローズスタンス: 飛球線に対し、右を向いたスタンスです。右足を後ろに引いたスタンスです。

スタンスの図解

上の図は、手前の丸が頭、その上の線が飛球線(スクエアスタンスの場合)です。左から順に、スクエアスタンス、オープンスタンス、クローズドスタンスです。

オープンスタンス、クローズドスタンスの場合は、上の線は目標線(ターゲットライン)となります。

オープンスタンスは左に打ち出し、右に少し球が曲がるフェードを打つためのスタンスです。

スポンサード リンク

クローズスタンス

クローズ(クローズド)スタンスは右に打ち出し、左に少し球が曲がるドローを打つためのスタンスです。

クローズドスタンスの図解

上はクローズドスタンスの図解です。右足を手前に引き、両肩のラインも両足にそろえて構えますが、クラブフェースはスクエア(ターゲットに対して直角)に構えます。

つまり、自然とフックグリップになります。こうすることで、両足と肩のライン=方向線(=スクエアスタンスでの飛球線方向の右)にボールを打ち出し、落ち際に左に曲がるドローボールを打てます。

その結果、ボールはターゲット方向(上の図の矢印方向)辺りに落ちます。


正確不動法ではスクエアスタンス

さて、どのスタンスを正確不動法では使うかといえば、みなさんもおそらく想像がついておられるとは思いますが、スクエア(スクウェア)スタンスです。スクエアでストレートボールを目指します。

正確不動法はシンプルなゴルフスイングを目指しています。そのため、オープンスタンスやクローズスタンスは高度すぎて採用できません。

また、正確不動法は「あまり飛ばないが曲がらない」ゴルフを基本にしていますので、ストレートボールを打つためのスクエアスタンスが鉄則なのです。

スタンスを固定する

気をつけていただきたいのは、スタンスはスクエアに固定することです。練習やラウンドの途中で「調子が悪いから」と一時的にオープンやクローズにしないことです。

もちろん例えば球がスライスするときに、クローズスタンスにすればフェースを閉じたことになりますのでスライスは一時的にはよくなります。

しかしそれでは根本的な解決にはなりません。正確なショットを身につけるには、スクエアスタンスのままでまっすぐ飛ぶショットにしなければいけません。

といっても、まっすぐ飛ばすのは難しいことではないのです。正確不動法を実践すれば、まっすぐに打ち出して曲がらないストレートボールを持ち球にできますので、それまでスクエアスタンス一本で頑張りましょう!

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)