ホーム » 正確不動法 基本編 »

ゴルフスイングのセットアップとアドレスの手順と方法

ゴルフスイングのセットアップとアドレスの手順と方法


それではゴルフスイングのセットアップ(構えかた)をご紹介しましょう。

なお、セットアップの仕方は「女性のゴルフ」というレッスン書を参考にしています。私の説明は文章が主なので、文章だけではわかりづらいという方は同書を読まれるとイラストつきでわかりやすいと思います。

スポンサーリンク

1)
ボールの4、5メートル後ろに立ち(飛球線の後方)、ターゲット(目標。例えばフェアウェイ中央など)とボールとを結ぶ直線上で、ボールより1メートルくらい先に目印を見つけます。

目印は例えば芝がなくて土がむき出しになっている場所とか、土の塊とか、一本だけ長い芝などです。

2)
両足を揃えて、両足の真ん中がボールのところに来るように、かつ1の目印とボールとを結んだ直線(イメージ上の)に対して平行に立ちます。

つまり、左右の靴と靴の間にボールを置くようにしつつ、両足のつま先と上記の直線が平行になるように立ちます。

3)
左足は動かさずに、右足だけを2の直線と平行になるようにスタンス幅まで広げます。スタンスはスクエアスタンスです。

こうすることで、目標に向かってまっすぐに球を打ち出せることになります。これが正しくできないと、飛ばしたいところにボールを飛ばせませんので、とても大事なコツです。

4)
スタンス幅はクラブによって異なります。ドライバーの場合は肩幅くらい、それから番手が小さくなるごとに狭くしていきます。

5) 
こうすることで、どの番手でも左足かかと(踵、カカト)線上にボールがあるようなセットアップになります。

スポンサード リンク

ボールをどこに置くか

ボールをどこに置くかには2つの考えがあります。

一つはどの番手でも左足かかと線上に置く方法。もう一つはクラブの長さによって例えばドライバーは左足かかと線上に、ショートアイアンではだいぶ右の方に置くという方法。

後者の番手によってボールの位置を変える方法になれている方はその方法でももちろんOKですが、そうでない場合には簡単でわかりやすいので前者の方法をおすすめします。

6)
背筋を伸ばして前傾姿勢をとります。この「背筋を伸ばして」というのが正確不動法にはとても重要な点です。

具体的には、両足を開いてひざを伸ばして立っている状態から、背筋を伸ばして股関節から上体を前に傾けます。背中を丸めないようにしてください。

こうすると、下半身がどっしりとして、おしりの尾骨(尾てい骨のすぐ上あたり)に自然に力が入ります。後述しますが、これが正確不動法の「不動法」の最重要ポイントになります。

自然にソールする

7)
軽くひざを曲げます。そしてクラブを自然に下ろしてヘッドをソールさせます。このときヘッドはボールの真後ろでなく、体の真ん中(自然に腕を下ろした場所)にソールします。

8)
クラブヘッドをボールの真後ろにソールします。フェースの向きはスクエアにしてください。

9)
最後に、肩・腕・グリップの力を抜いてください。このときにワッグルをするとよいです。

ワッグルとは、肩の力を抜いて、クラブを左右(飛球線前方から後方へ)に動かす動作をいいますが、このワッグルを何回かすると上手くグリップの力が抜けます。これでアドレスは完了しました。

アドレスの重要性

よく、「ゴルファーの腕前はアドレスを見ればわかる」といわれます。スイングのすべてがアドレスで決まるというわけではありませんが、正しいアドレスができなければ、正しいスウィングをするのはまず不可能です。

また、ターゲットの方向を正しく向いていなければ、ナイスショットが出ても打ちたい方向とは違うところにボールが飛んでしまいます。

こうしたことから、アドレスはとても重要です。正しく身につけましょう。

体重を両足に均等にかける

アドレスの際に、両足にかかる体重はどうすべきでしょうか。

一つの考えとして、ドライバーのときは右足に多く体重をかけて、ショートアイアンのときは左足に体重を多くかける、というものがあります。

もちろんこの方法もメリットはあるでしょう。例えばドライバーはもっと飛ぶようになるでしょう。

しかし、シンプルなゴルフスイングを目指す正確不動法からすると、複雑すぎます。正確不動法はレッスンを受けずに独学で行う方法ですので、スイングを複雑にするとショットがおかしくなったときにどこをどう直せばよいのかわからなくなってしまうのです。

そのため、独学でゴルフスイングを完成させる際にはシンプルであることが必須条件といえます。

そこで、体重についても正確不動法ではどのクラブでも両足に均等に体重をかけるようにアドレスしてください。

これならシンプルで分かりやすいですし、どのクラブでも同じようにスイングすればよいので気が楽です。

ちなみに先ほどのドライバーのときには右足体重にする方法でも、あおり打ちを招くというデメリットもあるのです。

セットアップで左足をやや開くと楽にスイングできる

スタンスを取る際に、左足をやや外側に30度ほど開くと、ダウンスイングからフィニッシュまでをスムーズにできるようになります。特に体の固い方に効果的です。


左足を開くスタンス

一方、左足に加えて右足を外側に開くのはどうでしょうか。

右足を開けば、その分バックスイングがやりやすくなります。しかし、欠点もあります。

それは、捻転によるエネルギーをためにくくなってしまうのです。ボディーターン理論は、「伸張反射」(筋肉がある程度まで伸ばされると反射的に縮むこと)を利用したもので、正確不動法も右ひざを伸ばす方法をとらない限り、ボディーターンによるスイングです。

きつければ右足を開く

ところが右足を開くと、体をひねるのが簡単になってしまい、伸張反射が起きにくくなってしまいます。ボディターンを利用する場合にはバックスイングで体をひねるのがややきついくらいでないと、ボディーターンを利用しているとはいえないのです。

そのため、正確不動法もそうですが捻転を利用して飛ばそうという場合には右足は開かないほうが正解です。

ただ、捻転をするのがきつすぎる場合には少し開くと、飛距離は減るでしょうがスイングが楽になります。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)