ホーム » 正確不動法 基本編 »

バックスイングのトップの位置、腕の角度、リストコック

バックスイングのトップの位置、腕の角度、リストコック


いよいよスイングの開始です。まずはテークバック(テイクバック。スイングの始動段階)です。ここで重要なのは、クラブを持ち上げていくときに手首を使わない、動かさないことです。

そのためには、両肩、両腕、グリップを結んだ三角形を崩さないでクラブを上げていくことです。すなわち、手首で持ち上げるのではなく、この三角形全体を動かすのです。

スポンサード リンク

多くのレッスン書に紹介してあるオーソドックスなスイング法でもそうですが、正確不動法では手首をひねったり、手首を左手の甲の方や右手の甲の方に折るということは一切しません。手首が動くのは唯一、両手首がトップでコックされるときの動きだけです。

スイングが腰くらいの高さまでいくと、自然と右腕(右肘、右ひじ)は折りたたまれますが、左腕はトップまで伸ばしたまま、左手首はアドレス時の角度(左腕と一直線になり、ひねったり折ったりしていない状態)がトップまで保たれます。

ところがテークバックで手首を動かしてしまうと、それ以降のスイングが全部おかしくなってしまいます。手首はリストコックの動き以外は動かさないことを鉄則にしましょう。

トップの位置

次は正確不動法の「正確」の最重要ポイントです。

三角形を保ったまま静かにクラブを上げてきました。目的地はスイングのトップの位置です。

普通、スイングのトップはほとんどのレッスン書でとても高いところにしてあります。しかし、正確不動法ではトップはもっと低いところです。

それはどこでしょうか。ずばり、「ハーフスイングの位置」です。時計でいうと、3時の位置です。正確不動法では3時がトップの位置で、これ以上大きなスイングは原則としてしません。

トップの位置の図解
↑正確不動法のトップは3時の位置

そのため、もちろん飛距離はあまり出ません。しかし、この「トップをハーフスイングの位置にとどめる」ことは、飛距離よりも正確さやスイングのマスターのしやすさを得るためにどうしても不可欠な要素なのです。

スポンサード リンク


フルスイングのデメリット

無論、ツアープロのようなトップの高いフルスイングをマスターできれば、飛距離は格段にアップします。

しかし、フルスイングには次のような困難、デメリットも伴います。

第一に、マスターするのが難しいことです。まず、プロのようなフルスイングをするには体の柔らかさが必要ですが、体の固い人が柔らかくするには相当の期間が必要です。

こういったフィジカルな面をアマチュアが克服するのは大変です。

第二に、正確性がある程度失われることです。

トップが高いだけにそこで手首が折れ曲がってしまったり(クラブの重みによってこうなりやすい)、トップの深さの分だけトップでフェースが開くので、インパクト時にアドレス時のクラブヘッドの状態を再現するのが難しくなります。つまりスライスなどをしやすいです。

また、スイングを深くしようとするあまり、オーバースイングになりやすいです。

オーバースイングとは、トップでクラブヘッドが地面と並行よりも下がってしまう状態です。一般には方向性が失われます。もちろん横峯さくら選手のように熟練していれば別ですが。

体への負担

第三に、体への負担が大きいことです。プロゴルファーには体の故障に悩む選手が多いです。例えばタイガー・ウッズは左ひざの故障、グレッグ・ノーマンは強い腰痛、片山晋呉は背筋痛を抱えています。

もちろん彼らはアマチュアとは練習量も比較にならないほど多いですが、やはりプロで戦っていくためのスイングは体への負担が大きいといえるでしょう。

特に筋力や柔軟性の十分でないアマチュアがたまにゴルフでフルスイングをすれば、怪我や故障につながる可能性は大きいといわざるを得ません。

このようにフルスイングは短所も多いのです。特にフルショットでは方向性が失われるという点は重要です。

タイガー・ウッズでさえティーショットを大きく曲げるときは少なくありません。飛距離を出しつつ方向性も保つというのはそれほど難しいことなのです。

ところが、正確不動法ではトップをハーフスイングの位置にセーブしています。このため、飛距離はまあまあ出て、正確無比なショットが打てるのです。

スイングをコンパクトにしてもそんなに飛距離は落ちない

飛距離はまあまあ出るという点ですが、一般のアマチュアの場合、深いスイングでもハーフスイングでもあまり飛距離が変わらないということは多いです。

これは、ハーフスイングでもリストコックの力を100パーセント使える上に、フルショットとはいっても実は手打ちになっているので、捻転の力を使えておらず、結局手の力のみで飛ばしているのでハーフでもフルでもたいして飛距離が変わらないからでしょう。

つまり、多くのアマチュアにとってフルスイングでもハーフスイングでも飛距離は大して変わらないのだから、正確なショットを打てる正確不動法がおすすめというわけです。


トップでの腕の角度

続いてトップでの腕の角度です。これこそ正確なショットを打つための最も重要な点です。

このとき、トップでの左腕の角度(スイングを上から見たときの左腕の角度)と、フィニッシュの位置での右腕の角度は、左右対称になっているようにしてください。

これが左右対称になっているということは、インサイドインのスイング軌道だということです。

逆に左右対称でない場合、スイング軌道がインサイドアウトかアウトサイドインになっています。

バックスイング図解

上の図で、1は左右対称のスイングになっています。丸が頭で、左がトップ、右がフィニッシュです。

上は柔軟性がある方のスイングで、下は体が硬い方のスイングです。どちらも左右対称になっているので、インサイドインのスイング軌道になります。

2はアウトサイドインの軌道に、3はインサイドアウトの軌道になります。

正確不動法のショットは飛球線に沿ってまっすぐ飛んでいくストレートボールが理想なので、基本的にスイング軌道は左右対称のインサイドインを目指しましょう。

これをマスターすれば、あなたの打ったボールはターゲットにまっすぐ向かって飛んでいきます。

なお、この点について以前はトップの位置で左腕の角度が(スイングを真上から見たときに)飛球線と平行にする、としていました。

しかし、体の柔軟性などは人によって違いますので、左右対称という基準に改めました。

手首のコックの方法

これまでのところをまとめると、バックスイングは手首を使わずに開始し、3時の位置で左腕が飛球線と平行になるようにトップを完成させるということでした。

このトップの位置に来たときに、リストコックは完了させてください。つまり、スイングを正面から見たときにトップでクラブが地面に対しおよそ垂直になっているようにしてください。

なお、このときに手首が左右どちらかの手の甲のほうに折れ曲がっていないか確認してください。

正確不動法では、通常のスイングと同様にリストコックを使います。コックについては、手首の力を抜いたままクラブを上げていけば、遠心力とクラブの重みによって自然に行われます。


右膝は角度を保つ

もう一つ、下半身についてですが、多くのレッスン書では右ひざを伸ばさず、右ひざの角度を保ったままクラブを上げていくと書いてあります。

これはなぜかといいますと、右ひざが伸びてしまうと体をねじることによって生まれる力、すなわち捻転の力が逃げてしまい、ボディーターンを使えないスイングになってしまうので、飛距離が出ないことになるからです。

私の正確不動法も基本的には右ひざ(右膝)を伸ばさず、曲げたままでバックスイングをすることをおすすめします。

ただ、ひざに故障や痛みのある方にはこれはおすすめできませんので、その場合には右ひざを伸ばしてバックスイングをしてみてください。これはセオリーには反しますが、実際にはそんなに飛距離は変わらないようです。

この記事がお役に立てましたら、シェアしていただけるとうれしいですm(__)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトトップページへ

コメント

  • ご無沙汰しています。
    トップの位置での左腕の角度の記述を更新されましたね。
    最近気付いたのですが、正確不動法において「腰の回転度合い」って重要ではないかと。
    個人の身体の柔軟性の差があるので左腕角度の許容範囲を記載されていますが、腰はどこまでも回るので腰の回転の許容範囲も正確不動法では大切なポイントではないかと思いました。
    というのは最近オーバースイングに悩んでいたのです。その原因は「腰の回りすぎ」でした。
    いぬはちろう様の解説に「尾骨の回転はOK」とありますが、回転も出来るだけ抑えたほうが“正確不動法らしく”なると感じました。
    回転も出来るだけ抑えるので意識的には「尾骨は全く動かさない」という感覚です。(「腰全体を動かさない」と言った感覚です。)
    確かに“回転力によるヘッドスピードアップ効果”は無くなりますが、下半身の動きが抑えられ精度(ミート率)は向上しました。

    2012年8月29日 11:39 AM | ムーゾン

  • こちらこそご無沙汰しております。左腕の角度はムーゾンさまにご指摘いただいたこともあり、左右対称というように記述を変えました。

    なるほど、腰の回転をどこまでするかですね。私の考えでは、アドレス時の右膝の角度を変えないように(伸ばさないように)しつつ、トップの位置(一般にいうハーフスイングの位置)までクラブを上げます。

    このときに腰も右方向に回転しますので、特にここまで腰を回すという基準はなく、自然にまかせるという考えです。

    右膝の角度を変えないようにすると、腰はそんなに回せないので、ムーゾン様のおっしゃることと同じ結論になるのかもしれません。私も、腰はなるべく回さないほうがよいと思います。腰と上半身の捻転の深さの差が飛ばしのエネルギーになるからです。

    腰をなるべく回さないほうがミート率が上がったそうで、これこそ正確不動法の追求するところです。ちょっとあいまいな答えになってしまいましたが、腰の動きについては記事に加筆したいと思います。ご指摘ありがとうございました。

    追記:この記事に加筆し、説明が足りない点を下半身の使い方に加筆しました。

    ご指摘いただいたおかげでわかりやすくできたかな、と思います。

    2012年8月30日 8:59 AM | いぬはちろう(管理人)

  • 追記を読まさせて頂きました。
    確かに多くのレッスン書は「腰45°、肩90°」との記述があります。
    これも一般ゴルファーには難易度の高い要求のひとつですね。かなり重大な「無用の」要求だと思います。
    仰るとおり「右膝の角度を変えないようにすると、腰はそんなに回せない」ですね。逆に「腰の回転を極力抑えると、右膝の角度は変わらない」ですよね。
    要は同じことをするのにどこに意識を持つか(右膝か腰か)の差であったと思います。
    ご教授ありがとうございました。

    2012年8月30日 11:22 AM | ムーゾン

  • >かなり重大な「無用の」要求だと思います。

    同感です。特に私など体が硬いので(ストレッチをやっているんですが…)とてもレッスン書にあるような深いスイングは無理です。やっぱりアマチュアゴルファーにプロの基準を当てはめるのは無理だと思います。

    こちらこそ右膝についての記述が足りないという問題点をムーゾンさまのおかげで発見でき、感謝しております。

    おっしゃるとおり、意識の持ち方の違いですね。ただ、当サイトでは膝や腰が悪い方のために右膝を伸ばすバックスイングでもよいと書いており、それを実践する場合はムーゾンさまのおっしゃる腰をなるべく回さない意識のほうがわかりやすいと思いました。ありがとうございました。

    2012年8月31日 9:00 AM | いぬはちろう(管理人)

  • トップについて2点質問です。
    「トップで左腕は3時の方向を指し飛球線と平行」にするためには、図2の方向にクラブをあげる必要がありますね?
    3時の方向をトップ=切り替えしとすると、クラブは惰性でもっと(スリークォーター位)上がってもいいのでしょうか?

    2013年11月26日 5:52 AM | かとけん

  • かとけんさん、コメントありがとうございます。まず、このページの「トップでの腕の角度」について、左腕の角度を真上から見たときに飛球線と並行にする、と書いていました。

    しかしこの点は「左右対称にする」と考えを改めていたのですが、このページの記述は古いままでした。そのためこの点を修正いたしました。かとけんさんのおかげです。

    その上でご質問に回答しますと、旧図の2の方に上げるという点については、図はトップでの位置ですので、そこまで行く過程ではアウトサイドを通ります。

    ただ、アウトサイドの方に上げていくという意識は、正確不動法では必要ないです。これで答えになっていない場合には、再度ご質問ください。

    次にトップの高さについてですが、できれば基本通り3時の位置におさめていただくのがおすすめです。これはなによりもまずは正確なショットをマスターするためです。

    ただ、基本通りにやったら正確なショットが打てるようになれば、もう少しスイングを大きくしても構いません。この方が飛距離は増やせます。

    2013年11月26日 9:35 AM | いぬはちろう(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)