ホーム » 正確不動法 基本編 »

ゴルフスイング中に絶対に動かしてはいけない一点とは

ゴルフスイング中に絶対に動かしてはいけない一点とは


(2009年6月20日 記述)

さて、これまでバックスイングのご説明をしてきましたが、今回はゴルフスイングの全体を通して、絶対に守っていただきたいことをご紹介します。これこそが、正確不動法の「不動」が指すものです。

スポンサーリンク

それは、テークバックからインパクトまで、絶対に「尾骨を動かさない」ということです。レッスン書には「頭を動かさない」とよく紹介してありますが、私の知る限り尾骨を動かさないことを紹介しているレッスン書はなく、私のオリジナルです。

東洋医学で重視される下腹部の「丹田」に力を入れることを紹介してあるレッスン書もありますが、私のご紹介する「尾骨を動かさない」とはまた違うものです。

セットアップの方法でご紹介しましたが、アドレスのときには背筋を伸ばして股関節から上体を曲げます。こうすると、個人差があるかもしれませんが、尾骨の辺りに自然と力が入ります。

尾骨の位置

もっと詳しく場所をご説明すると、おしりのところに尾てい骨の先端の突起があります。これを背骨の上の方に2センチほどたどっていくと、おしりの後ろにすこし出っ張ったところがあります。これが尾てい骨の付け根です。

そこからさらに上に2センチほど行ったところが私の言う尾骨の部分です。背筋を伸ばしてアドレスするとここに自然と力が入ります。

わざと力を入れる必要はまったくありません。また、力が入らなくても、ここを意識すればそれで十分です。

そして、テークバックからインパクトまで、この尾骨の位置が全く動かないようにします。具体的には、尾骨の位置が上下、左右、前後に動かないようにします。

スポンサード リンク

尾骨の角度も変えない

また、尾骨の角度も変えないようにします。具体的には、尾骨の傾斜角度を変えたり、尾骨が右や左に(飛球線前方や後方に)傾かないようにします。

そのために、ゴルフスイング全体を通じてこの尾骨の部分に常に意識を置きます。そして尾骨の位置が動かないようにします。

これで正確不動法というネーミングの意味がお分かりいただけたと思います。「正確法」はコンパクトなスイングで方向性を増すということで、「不動法」とは尾骨を全く動かさないことなのです。

尾骨の回転は問題ない

なお、スイングでは体が回転します。そしてその土台となるのがこの尾骨の辺りです。そのため、スイングをすると尾骨が回転(回旋)しますが、これは全く問題ありません

尾骨を動かさなければひざなどは自由に動いてよい

また、バックスイングでの下半身については、右膝は伸ばさずに、なるべくアドレス時の角度を保ってください

それ以外の腰や膝の動きについては、尾骨の位置や角度さえ動かなければ、動いても大丈夫です。

当サイトに掲載しているイラストは、私の絵が下手くそなために下半身をまったく動かさないようになっていますが、実際にはバックスイングで左ひざが右ひざの方に動いたり、ダウンスイングで右ひざが左ひざに近寄るのはまったく問題ありません。

また、ヒールアップも問題ありません。つまり、正確不動法も普通のスイングと同じようにスイングするのですが、尾骨の位置と角度だけを動かさないように注意すればよいのです。

スイングの問題点を一挙に解決できる

この「尾骨を動かさない(尾骨の位置や角度を変えない)」ことには多大なメリットがあります。それは、ダフリやトップヘッドアップ、スエーといったスイングの問題点を一気に解決できるということです。

ゴルフのスイングは複雑な動きなので、複数の問題点があることも珍しくありません。例えば大きなスエーと、8の字ループが混在しているなどです。

こうした場合にも、まずは不動法(尾骨の位置と角度を動かさない)を実践されることをおすすめします。こうすると、スイングのいろんな問題点を一挙に解決することができます。

そして、それでもショットが曲がるなどの問題点が残っていても、他の問題が解決しているので、残された問題点を探り当てるのが簡単になります。

つまり、不動法を実践するだけで、ショットを改善できますし、スイングの迷宮から抜け出せるというわけです。

尾骨の意識の仕方について

(11/10/24追記)読者の方から、尾骨の意識の仕方についてご質問をいただきました。正確不動法についてお褒めの言葉もいただき、とてもうれしいです。

ご質問は、尾骨を意識する際に、点として意識するのか、あるいは尾骨から背骨までの軸として意識するのかというものです。

次のようにお考えいただければと思います。
尾骨の位置:点でチェックする。
尾骨の角度:尾骨とその5センチ上あたり(あるいはお好みでもう少し上でもよいです)とを結んだ線でチェックする。

つまり、角度については「骨盤の角度」と捉えた感じになります。

そして、素振りや練習場でボールを打つときに、位置と角度をチェックしながら練習してください。

一度に両方チェックするのは難しいので、まずは位置、それに慣れたら角度という感じでもOKです。

すると、短時間で尾骨を動かさない動きを体が覚えますので、その後はあまり意識しなくても自動的に正確不動法のスイングができるはずです。

ラウンドでは1打ごとにしっかり尾骨を意識

練習のときは、1打ごとに尾骨を意識するのもなかなか大変なので、スイングに慣れてきたらそんなに意識しなくても、ショットがおかしくなってきたらその都度意識し直すくらいで大丈夫です。

ただ、ショートコースや本番のラウンドでは、一打ごとにしっかり意識することをおすすめします。

と言いますのは、ラウンドでは一打ごとに違う番手を使いますので、尾骨の位置と角度をしっかり変えないようにすることがなおさら重要だからです。

また、ラウンドでは練習と違ってスコアが気になりますし、同伴競技者に自分のプレーが見られています。風や飛距離、番手など考えることも多いです。

そこで、雑念を消すためにも、一打ごとにしっかり尾骨を意識することが、メンタル的にもよい結果を生むと思います。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメント

  • 正確不動法、初心者の私にはとてもいいです!
    いままでいかに手打ちだったかを理解出来ました。もう少し習熟したら飛距離アップも狙ってみようと思います。
    有難うございました。

    2012年6月23日 11:36 PM | K

  • Kさんコメントありがとうございます。とてもいいと言っていただき、とても励みになります。

    正確性が損なわれない範囲でスイングを少し大きくするなどすると、飛距離もアップできます。

    こちらこそありがとうございました。

    2012年6月24日 8:46 AM | いぬはちろう(管理人)

  • 力を入れていないのに当たりが軽やかで飛ぶ、ミスが少なくなる、が私の感想です。練習しているとクラブを放り投げる感覚も分かってきました!
    素晴らしい方法に出会えて嬉しいです。
    重ねて有難うございました。

    2012年6月26日 9:39 PM | K

  • いえいえ、とんでもないです。当たりが軽やかで飛ぶというのは、スイング軸がぶれないのでミート率(芯を食う確率)が上がるからかもしれません。

    クラブを放り投げる感覚がわかってきたということは、手打ちでなくなった証拠ですね!

    そういっていただけて私も嬉しいです。

    2012年6月27日 8:47 AM | いぬはちろう(管理人)

  • ご無沙汰しております。
    いぬはちろう様は坂田信弘プロの「ジャイロスイング」をご存知ですか?
    ごくごく簡単に説明しますと、かかとを揃えてショートスイングで打つという打法です。
    正確不動法と比べてどう感じられますか?かかとを揃えるので尾骨はほとんど動かないかと(前傾角度以外は)。
    体重移動が出来ないので、回転運動の比重が高くなります。
    見た目が良くないので、実際のラウンドでは私は正確不動法の方を採用しますが、正確不動法の練習手段としては使えますでしょうか?

    2012年6月29日 12:01 PM | ムーゾン

  • こちらこそご無沙汰しております。なるほど、ジャイロスイングですか。私は坂田プロの本は漫画化されているものを少し読んだだけなので、この練習法は初めて知りました。

    ちなみに坂田さんの独特のキャラクターは大好きですw

    確かにかかとを揃えれば体重移動が大きく制限されますので、回転重視になって正確不動法の「尾骨を左右に動かさない」というのと同じ効果が得られそうですね。

    とてもよい方法だと思いますが、ムーゾンさんのおっしゃるように、実際のラウンドで行うのは難しいですね。そういう感覚を身につけるために行う基礎練習なのだと想像します。

    ジャイロスイングなら、スエーはもちろんできませんし、あおり打ちやリバースピボットになっている人も倒れてしまうので、その矯正になって効果的だと思います。

    そのため、ジャイロスイングも正確不動法の練習になるはずです。ただ、実際のラウンドではやはりスタンスを広げてスイングするので、ジャイロスイングを一生懸命やって体に染みこんでいないと、その人の悪い癖が顔を出してしまうかもしれませんね。

    というわけで、練習場でジャイロスイングの練習をしつつ、本番では尾骨を動かさないように意識すれば、十分効果が得られると思います。

    2012年6月30日 8:49 AM | いぬはちろう(管理人)

  • 以前からインパクトで腰が前に出るくせがありました。
    先日尾てい骨を動かさないように気をつけてみたところそのくせが消え、非常に良い結果でした。
    そこで同じように考えている方がいないかとググったところ、こちらがヒット。
    言われてみると、尾てい骨は形状的に曲がり込んでいるため、尾骨のほうがスイング軸に沿った斜めの感じで良いですね。
    お互いにがんばりましょう!

    2012年7月17日 7:43 AM | きゅろ

  • コメントありがとうございます。

    尾てい骨を動かさないようにしたらスイングがよくなったそうで、とてもよかったです。

    >言われてみると、尾てい骨は形状的に曲がり込んでいるため、尾骨のほうがスイング軸に沿った斜めの感じで良いですね。

    ありがとうございます。尾てい骨は尾骨の下にあるので、尾てい骨を動かさないように意識すれば同じ効果が得られると思いますが、私も尾骨のほうが意識しやすいので尾骨を意識しています。

    これからも当サイトをよろしくお願いいたします!

    2012年7月18日 8:50 AM | いぬはちろう(管理人)

  • 正確不動法のおかげでスイングが安定してきました。ありがとうございます。
    ひとつ質問がございます。
    「尾骨を動かさないように」、とのことですが、テイクバックで腰板を回す場合、(a)尾骨を中心に骨盤を回すようにするのでしょうか?これだと尾骨を動かさないという原理に従うことになります。
    (b)それとも、尾骨を動かさないように意識し、骨盤自体を回転させるのでしょうか?この場合は、客観的に見れば尾骨は動きます。
    前者のスイングをすると、尾骨は骨盤の後方についていいるため、尾骨を中心軸に回転させると、骨盤自体は回転します(動く)。このため、胴体もスイングにあわせて、動くことになります。

    (a)(b)のどちらなのでしょうか?

    2014年6月18日 10:11 PM | こんぶ

  • こんぶさん、コメントありがとうございます。スイングが安定してきたんですね!とてもうれしいです。

    スイングが安定している=ショットとスコアも安定するので、ぜひこの調子で頑張ってください(^^)

    ご質問ですが、私も正直こんぶさんほど回転について深く考えていませんでした(汗) 結論からいうと(a)の考えで十分だと思っています。

    といいますのも(a)の考え方で尾骨を回転させれば、十分に正確なショットができているからです。なるべくスイングの軸がぶれなければよいので、胴体が動いたとしてもそんなに問題にならないと思います。

    2014年6月19日 7:16 AM | いぬはちろう(管理人)

  • 早速の回答ありがとうございました。
    質問した疑問がわいたときは、机上で考えていました。実際に(a)の考え方で、スイングのときに骨盤がどの程度回転するか・動くかを観察してみたら、わずかでした。ご回答いただいたように影響はなさそうです。

    質問した内容から逸れますが、では実際に骨盤が回転する場合を想定してみると、脚部が回る場合ですね。これでは大きな筋肉である、背筋を活用したスイングもできず、さらに脚部の不安定な動きによって、スイングが安定しないと考えました。

    私としては、極力、尾骨が動かないようなスイングを心がけるが(脚部による旋回を防止するため)、多少であれば尾骨の回転は目を瞑る(全く回転しないと言うことはありえないので)という考えでスイングしようと考えます。

    正確不動法、私にはとても合ったスイングです。

    2014年6月19日 11:48 PM | こんぶ

  • おっしゃるとおり、脚部が動きすぎてしまうとスイングは安定しなくなってしまいますね。たとえば右膝が伸びてしまう場合、背筋も活用できないので飛距離が落ちてしまいます。

    なおこの記事の右膝についての記述に足りない部分があったので、加筆いたしました。

    こんぶさんのお考え通りに尾骨を動かして頂ければ大丈夫なはずです。また正確不動法が合っていると言っていただいてうれしいです。ぜひスコアアップしてください!
    おっしゃるとおり、尾骨の回

    2014年6月20日 8:05 AM | いぬはちろう(管理人)

  • とても良いことを知り感謝しております。体が固いのでヒールアップしますがその功罪が気になっていただけに問題無きことを知り安堵しております。ただ一点、なかなか解消しないのがやや真ん中よりトウ側に当たることで練習では許容範囲ですが本番では完全に当たり負けで右に切れてゆきます。体とボールの位置を修正しても解決せず悩んでおります。理屈的にはやはり尾てい骨の不動がまだ正確ではないんだと自分を戒めて練習しておりますが他に思い当たる原因があればご教示くださいませ。

    2015年8月14日 9:14 AM | 迫 昭彦

  • 迫さん、コメントありがとうございます。

    >なかなか解消しないのがやや真ん中よりトウ側に当たることで練習では許容範囲ですが本番では完全に当たり負けで右に切れてゆきます。

    なるほど…まず、ボールが飛び出す方向はどうでしょうか。ターゲット方向にまっすぐ飛び出すのであれば、ゴルフスイングの軌道がインサイドインでよいのですが、そうでないとすれば、アウトサイドインかインサイドアウトになっています。

    すると、スイングの軌道が左右対称でないために、トウやヒールに当たることが増えます。

    次に、アドレス時の上半身の前傾角度をインパクトまで変えないようにする、という点も意識してみてはいかがでしょうか。これは尾てい骨の前傾角度を変えないことでチェックできますので、おっしゃるように尾てい骨の不動がまだ不十分なのかもしれません。

    前傾角度が変わってしまいますと、インパクトでボールをヒットする場所もばらついてしまいますので。上記の点に気をつけてみて、練習とラウンドなさってください。またご質問があればお待ちしております。

    2015年8月15日 9:15 AM | いぬはちろう(管理人)

  • 偶然訪問しました。

    「尾骨」を動かさない!
    本当かもしれません。
    基本中の基本として「頭を動かさない」というブログを良く見ておりますが、本人の意識ではそうかも知れませんが、スイング上手と言われる人(プロ)は結果として頭を大きく動かして無駄のない効果的なスイングをしております。
    いぬはちろう(管理人)の言う「尾骨」が不動ポイントとして真実なのでしょう。
    試してみます。

    2015年8月22日 4:29 PM | 自称ゴルフ狂

  • コメントありがとうございます、素敵なハンドルネームですね(^^)

    頭を動かさない、は私も最初は試していましたが、なかなか実践するのは難しいと感じて尾骨を重視するようになりました。是非試してみてください。

    2015年8月23日 10:30 AM | いぬはちろう(管理人)

  • いぬはちろう(管理人)様

    早速のコメントのお返事ありがとうございます。

    1)私のコメントでいぬはちろう様のお名前を呼び捨てにしてすみませんでした。気が付いたときは時すでに遅く修正できませんでした。

    2)今朝は、スイング練習をしましたので、貴兄の尾骨不動を確認するチャンスがあったのですが、他のブログの方の確認に気を取られており、「尾骨不動」の確認を忘れておりました。すみません。
    たった今、家の中での素振りで確認しましたが、「尾骨」はやはり不動のようです。
    但し、色んな教えのスイングをしても「尾骨」は結構不動のようですので、不動を意識したスイングが理想的なスイングにつながるのかは不明です。今後も「尾骨」がどうか気をつけてみます。また、貴兄の他のお話も拝読させてください。ときどき訪問します。

    2015年8月23日 1:37 PM | 自称ゴルフ狂

  • 1)についてはお気になさらないでください(^^)

    >但し、色んな教えのスイングをしても「尾骨」は結構不動のようですので、不動を意識したスイングが理想的なスイングにつながるのかは不明です。

    やはりゴルフスイングで大切なのは、いかにしてなるべく一定の打球を打てるか、ということだと思っています。タイガー・ウッズも今季はメジャーで絶不調でしたが、もしウッズが以前ほど飛ばなくても、曲がらないショットを打てていれば、もっとメジャーで上に行けたはずです。

    それではどうすれば一定の打球を打てるかと考えますと、やはりスイングの軸を動かさない、という点で多くのスイング理論が一致しているのではないかと思います。なので、多くのスイングでは(結果としてかもしれませんが)尾骨が不動になっているのだと思います。

    私の考えでは、やはりアマチュアゴルファーには尾骨の位置と前傾角度を動かさないという方法が一番やりやすいと思います。

    おっしゃるとおり、尾骨を動かさないのが理想かどうかはわかりません。正確不動法は飛距離が落ちる、というデメリットは確実に有りますし…飛距離はある程度捨てて、正確さで勝負する、プロで言えばルーク・ドナルドのようなスタイルになります。

    こちらこそ今後共よろしくお願いいたします。

    2015年8月24日 10:17 AM | いぬはちろう(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)