ホーム » 正確不動法 基本編 »

ダウンスイングの左足の踏み込みとヒールアップ

ダウンスイングの左足の踏み込みとヒールアップ


ダウンスイングの解説です。トップまでが正しくできていれば、スイングの大部分は完成しているといえますが、ダウンスイングもやり方を間違えると、トップまでの苦労が水の泡になってしまいますのでご注意ください。

ダウンスイングの重要な点は、開始するときに左足を踏み込むところから必ず始める(始動する)ということです。

スポンサーリンク

右ひざを伸ばさずに捻転を使う方法の場合では、トップの位置で、捻転によるエネルギーが蓄積されている状態です。ところがダウンスイングを「手を振り下ろす」ことから始めてしまうと、捻転(上体のねじれ)によるエネルギーが一気に消えてしまうのです。

これは、捻転による力は下半身を固定したまま上半身を捻ることで生まれるものなので、自ら手を振り下ろすことは上半身の捻り(ひねり、ねじり)をわざわざなかったものにすることだからです。

そこで、ダウンスイングを左足の踏み込みからスタートすると、まず下半身の固定がほどかれ、それにつられて上半身の捻りがほどかれることになります。

こうすることで、筋肉の伸張反射を利用したボディターンによるスイングをすることができ、捻転による力を飛距離に転換できるのです。

ヒールアップは問題ない

私は結構体が硬い(固い、かたい)ので、正確不動法のようなコンパクトなスイングでもトップでヒールアップしてしまいます。ヒールアップとは、バックスイングで左足のかかと(踵)が上がることです。

ヒールアップは体が上下する原因になるのでよくないという意見もあります。確かに、ヒールアップすると左足のかかとが地面から離れるので、バックスイングで体が左(飛球線前方方向)に傾いてしまう原因となります。これは私も経験があります。

しかし、だからといってヒールアップしないようにするには体を柔らかくする(柔軟性を高める)しかありませんが、体をやわらかくするのはストレッチに励んでもすぐには効果が出ません。

私の経験から言うと、ヒールアップは全く問題ないです。体が上下する問題は、尾骨の位置が上下したり、尾骨が左右に傾かないように意識すれば解決します。

スポンサード リンク

ヒールアップのメリット

それに、ヒールアップには利点もあるのです。

それは、上で述べた「左足の踏み込み」がしやすい点です。かかとがあがってない人に比べて、ヒールアップしている人は上がっている踵を下ろせばよいのですから、左足の踏み込みがわかりやすいのです。

なお、ダウンスイングのときも尾骨の位置・角度は動かさないように注意してください。これで、アドレスで構えた位置にインパクト時にクラブヘッドが戻ってきますので、正確なショットが生まれます。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメント

  • いつも参考にさせていただいております。
    ダウンスイングを開始する時に左足から踏み込むところからはじめるとありますが、そのようにしてみようとすると必ず動かしてはいけない一点が左に動いているように感じてしまいます。
    イメージとしましては、どのような感じでしょうか?
    そもそも全くの見当違いであれば申し訳ございません。

    2012年12月3日 2:25 PM | あっき-

  • ありがとうございます。当サイトを読んでいただいてうれしいです。

    左足の踏み込みで尾骨が左に動く点については、以前にも違う方からご質問を受けました。

    わかりにくいところだったのでこの記事に加筆いたしましたのでぜひお読みください。
    全くの見当違いということは全然なく、当サイトの説明不足だったと反省しております。

    尾骨の位置と角度はなるべく動かなければ十分、と考えていただければと思います。
    またご質問があればコメントを下さい。

    2012年12月4日 9:05 AM | いぬはちろう(管理人)

  • すばやい回答ありがとうございました。
    (週末の練習までに間に合いました・・・。)
    引き続き参考にさせていただきます。

    2012年12月4日 10:38 AM | あっき-

  • どういたしまして。練習に間に合ってよかったです。

    なるべく尾骨の位置と角度を動かさないという意識をするだけでもダフリやトップなどが
    減ってミート率がアップしてくるはずです。

    あっきーさんのスコアアップにつながることを願っております。

    2012年12月5日 9:06 AM | いぬはちろう(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)