ホーム » 正確不動法 基本編 »

ゴルフスイングの問題点を矯正する1 スエーとヘッドアップ

ゴルフスイングの問題点を矯正する1 スエーとヘッドアップ


スイング中に絶対に動かしてはいけない一点とはでご説明したように、尾骨を動かさない(不動法)ことが正確不動法のいわば肝であり、正確なショットを生み出すゴルフスイングをつくるための秘訣、コツ(こつ)だと思います。

そして、この尾骨を動かさないことにより、ヘッドアップ、スエー、あおり打ち、リバースピボット、沈み込み、伸び上がりなどのスイングの問題点をほぼすべて直す(スイング改造、矯正、修正)ことができます。

スポンサーリンク

あるいはこれからゴルフを始める初心者の場合、悪いくせ(癖)の一切ないスイングを身につけることができます。

今回はその中でもスエー(スウェイ、スウェー、スエイ)が尾骨を動かさないことによって矯正できることをご説明しましょう。

スエーとは

スエーとは、バックスイングで腰が右側(飛球線後方)に移動してしまうことです。腰が右に流れると頭も右に移動してしまいます。

そのため、体のぶれる分インパクトが不正確になり、ショットも不正確になってしまいます。インパクト時にうまく腰の位置がアドレス時の位置に戻ってくれればいいでしょうが、スエーの度合いが大きくなればなるほどそれは難しくなります。

このようにスエーは正確なショットを実現する上で障害となりますので、直すことをおすすめします。

それではどうしたらスエーを直せるでしょうか。答えは尾骨の位置を左右に動かさないようにすることです。

スエーは尾骨が右に移動することなので、尾骨の位置を動かさないようにスイングすれば、おのずとスエーは直せます。

スポンサード リンク

ヘッドアップ

おそらく悩むゴルファーの多いであろう「ヘッドアップ」。それを矯正するにはどうすればよいか、その方法をご紹介します。

ヘッドアップとは、ダウンスイングからインパクトまでの間にアドレス時の上半身の前傾が保たれずに起き上がってしまうことです。そのため頭が上がってしまうのです。

ダウンスイング以降の伸び上がりも同じことです。

ヘッドアップの原因としては、
1 ボールの行方が気になって、早く頭をあげてしまう
2 スイングによって生まれる左方向への勢いにつられてしまう
などがあるでしょう。

最近まで女王として君臨していたLPGAのアニカ・ソレンスタム選手はプロには珍しいヘッドアップをするスイングでしたが、やはり例外と考えるべきでしょう。スコアアップを目指すアマチュアゴルファーとしては、やはりヘッドアップは矯正した(直した)方が賢明です。

尾骨の前傾角度を保つ

ヘッドアップはアドレス時の前傾が崩れるため、インパクトのときに正しいところへクラブヘッドが戻ってきません。そのため、ショットが乱れる原因になります。正確なショットを実現するためにはやはり直したいものです。

そこで、またまた登場するのがゴルフスイングの初めから終わりまで、尾骨の位置と角度を動かさないことです。

ヘッドアップの場合は尾骨の前傾角度が起き上がることによって生じるので、尾骨の前傾角度をそのまま保って動かさないようにすれば、上半身は起き上がりません。

インパクトが終われば体は起き上がっても大丈夫ですが、意識としてはクラブを振り終わるまで尾骨の角度を変えないようにしたほうが良いです。

それから、ボールの行方は気にしないようにしましょう。インパクト時までだけでなく、クラブを振り終わるまでボールのあった場所を見続けて、その後ゆっくり顔を上げてボールを見ればよいのです。

正確不動法なら、ボールはきれいなストレートボールになるので、ボールがどこへ飛んで行ったか急いで見る必要は無いのです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)