ホーム » 正確不動法 基本編 »

ゴルフスイングの問題点を矯正する3 ダフリとトップ、シャンク

ゴルフスイングの問題点を矯正する3 ダフリとトップ、シャンク


ダフリとは、ボールの手前すぎるところにクラブヘッドが入ってしまうことです。トップとは、ボールの上部にクラブヘッドが入ってしまうことです。

ダフリもトップもゴルファーの悩みの定番といえます。私もゴルフを始めたてのころは、ダフリとトップの両方に悩まされたものです。

スポンサーリンク

しかし、ダフってもトップでもボールはろくに飛びません。これでは正確なショットから遠ざかってしまいます。スコアアップのためにはダフリとトップが出るゴルフスイングは矯正しなければいけません。

ダフリ

まずダフリです。原因はいろいろ考えられますが、一つの大きな原因はスエーでしょう。

スエー(スウェイ、スウェー)ではバックスイングで体が右に移動してしまいます。右に移動した分がダウンスイングでアドレス時の位置まで戻ればよいですが、そうでないとインパクトでヘッドの入る位置も右に移動してしまいます。

その結果、ボールの手前をたたいてしまうのです。

もう一つの原因は、あおり打ちです。あおり打ちやすくい打ちでは、ダウンスイングで体が右(飛球線後方)に傾きます。すると、右に傾いた分、クラブヘッドがボールの手前に入ってしまうのです。

スポンサード リンク

トップの原因と直し方

次にトップですが、大きな原因の第一はヘッドアップです。インパクト時にヘッドアップしてしまうと、上体(上半身)が起き上がるのでインパクトの位置も上に移動するのです。

その結果、ボールの上を打ってしまいます。

トップのもう一つの原因として、ダウンスイングで体が左に傾いても、ボールの上のほうを叩いてしまい、トップの原因になります。リバースピボットの場合、こうなりがちです。

このように考えると、ダフリもトップも矯正法(直し方、修正法)はやはり、尾骨の位置・角度を動かさないことです。こうすれば、インパクトがアドレス時と同じ位置で行われるので、ダフリもトップも解消します。

シャンクを直す

シャンクとは、クラブヘッドのヒールの部分(ネック。ヘッドの手前のシャフトのついているあたり)でボールを打ってしまうことです。

シャンクになると、飛球線のかなり右側に向けて低い球が飛び出していきます。これではスコアメイクができませんので、シャンクはゴルファーにとって恐怖ともいえる悩み(症状)です。ぜひ直しましょう。

実は私も正確不動法のゴルフスイングを考案する前、シャンクに悩んだことがあります。

シャンクもこれまでと同じく、尾骨の位置を動かさないようにスイングすることで解消(矯正、修正)できます。

というのは、シャンクの原因がヘッドが正しい位置に戻ってこないことにあるからです。

もっと詳しく申します。まず、シャンクの主な原因は、スイング軌道が極端にアウトサイドインになっているからと言われます。

スイング軌道が極端にアウトサイドインになると、体重が極端につま先の方にかかってしまいがちになります。そうすると手が体から離れてしまい、インパクトの位置もアドレス時よりも体から離れたところ(自分から見て奥)に移動してしまうのです。

その点、正確不動法はスイング軌道がインサイドインですので、正しく行えばアウトサイドインにはなりません。

なお、極端なインサイドアウトのスイング軌道もシャンクの原因になるそうですが、これも正確不動法を実践すれば直すことができます。

シャンクは矯正できる

結論は、不動法(尾骨の位置・角度を動かさないこと)を実践すれば、インパクトの位置がずれることなく常にアドレス時の位置で行われるため、シャンクは解消されます。

その結果、芯を捕らえたショットを安定してすることができるようになります。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)