ホーム » 正確不動法 基本編 »

ゴルフスイングの問題点を矯正する4 伸び上がりと沈み込み

ゴルフスイングの問題点を矯正する4 伸び上がりと沈み込み


今回はゴルフスイングでの「伸び上がり」と「沈み込み」を矯正するにはどうすればよいかをご紹介します。

伸び上がり(伸びあがり)とは、テークバックからバックスイングまでの間に、上体の前傾姿勢が保たれずに起き上がってしまうことです。ダウンスイング以降の上体の起き上がり、伸び上がりについてはヘッドアップをご覧下さい。

スポンサード リンク

一方、沈み込み(沈みこみ)とは、ダウンスイング以降に体が下に沈んでしまうことです。

伸び上がり

伸び上がりの問題点は、まず下半身のひざなどに蓄えられるべき捻転のエネルギーが逃げてしまい、飛距離が出ないことです。たいていの場合で、伸び上がりでは右膝(右ひざ)も伸びてしまっています。


伸び上がり

↑伸び上がりの図解です。右ひざが伸び、上体が起き上がってしまいます。

もう一つは、伸び上がった分、インパクトの位置がずれてしまいがちなことです。スイング軌道もスイングプレーンを外れておかしくなり、ループしてしまいます。

つまり、飛距離も正確性も失われてしまうので、ぜひとも矯正したい(直したい)ものです。

スポンサード リンク

沈み込み

沈み込みのゴルフスイングの問題点は、二つあります。第一は、インパクトの位置が下方にずれるので、ダフリの原因になることです。

第二は、スイングプレーンに沿ったスイングができなくなることです。たとえトップまではオンプレーンのスイングができていても、そこからダウンスイングで上半身が沈み込んでしまうと、スイングがプレーンから外れてしまいます。

その結果、スイング軌道もおかしくなってしまうので、ショットの正確性が失われてしまいます。

確か(現在はわかりませんが)タイガー・ウッズも少し沈み込んでいた覚えがあります。

このように沈み込みは正確性を損なう原因となりますので、ぜひ矯正しましょう。
沈み込みのイラスト

↑沈み込みの図解です。左はトップオブスイングです。そこから切り返し、ダウンスイングが開始すると上体がアドレス時よりも前傾してしまっています。


解消法

さて、直す方法ですが、伸び上がりも沈み込みも不動法、すなわち尾骨の位置と角度を動かさないことによって矯正できます。

伸び上がりは尾骨の位置が上に動くか、角度が起き上がることによって起きます。そこで、尾骨の位置と角度を変えないように注意すれば直せます。

沈み込みは尾骨が下に動くか、あるいは角度が深くなる(前傾姿勢がさらに前傾する)ので、同じく不動法で直せます。

この記事がお役に立てましたら、シェアしていただけるとうれしいですm(__)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)