ホーム » 正確不動法 基本編 »

正確不動法のゴルフスイングでの下半身(膝など)の使い方

正確不動法のゴルフスイングでの下半身(膝など)の使い方


正確不動法のゴルフスイングでの下半身の使い方について、読者の方からご質問をいただきました。説明不足でわかりにくい箇所だったので、詳しく解説します。

正確不動法では、バックスイングからダウンスイング、インパクトまで、尾骨の位置と角度を動かさないようにします。

スポンサーリンク

この際、下半身については、右膝の角度はなるべくアドレス時の角度を保つように心がけてください。それ以外の膝や腰の動きは(尾骨の角度と位置を動かさければ)まったく問題ありません。

右膝の角度を保つ

他のゴルフスイング理論でもたいてい「右ひざの角度を保つ」ように書いてあります。これは正確不動法でも同じです。

これは右ひざを伸ばしてはいけない、と言い換えることもできます。なぜ伸ばしてはいけないのかといえば、2つの理由があります。

それは
1)飛ばしのエネルギーが減ってしまう
2)下半身が動きすぎてスイングが不安定になる
という理由です。

まず1についてですが、右膝の角度をなるべくアドレス時の状態を保つことで、伸張反射による飛ばしのエネルギーを生み出すことができます。

伸張反射というのは筋肉が伸ばされた後で元に戻ろうとする動きです。下半身をなるべく固定しつつ、上半身をひねることで、この伸張反射によるエネルギーを生み出すことができます。

ところが右ひざを伸ばしてしまうと、下半身を固定できないので、伸張反射によるエネルギーが消えてしまうというわけです。

下半身が動いてしまう

次に2についてですが、どうしても右ひざが伸びてしまうと、腰が大きく動いてしまいがちになります。

すると、尾骨の位置と角度も動きやすくなってしまうのです。

こうした理由があるので、右膝はなるべく伸ばさずに、アドレス時の曲げた状態をなるべく保つようにしてください。

ただし、右膝に故障がある方は、伸ばさないようにすることができないことがあります。その場合は伸ばしていただいてもかまいません。

私も右膝をあえて伸ばすゴルフスイングを試したことがありますが、思ったよりも飛距離は落ちませんでした。

ただ、尾骨が動きがちになるので、尾骨の位置と角度がなるべく動かないように注意してください。

それ以外の膝の動きはオーケー

それ以外の膝の動きは問題ありません。例えば、バックスイングで捻転を深くしていくと、よほど体の柔らかいゴルファーでない限り、左膝の位置がアドレス時よりも(自分から見て)前に出ていきます。

これは、下半身を右にひねっている以上、当然の動きです。そのため問題ありません。

左膝が右膝のほうに近寄っていく場合

捻転をするに連れて左膝が右膝の方に寄っていくという場合もあるでしょう。これも、尾骨の位置と角度がぶれない限り、問題ありません。

ただ、私の場合は左膝が右ひざの方に近づいていくということはなく、前に出て行く動きだけがあります。

左膝が右膝に近づいていく場合には、捻転を必要以上に意識している可能性があります。その場合には、あまり下半身をひねろうと意識せずに、自然にスイングしてください。

その方が、尾骨の位置を動かさないということをマスターしやすいと思います。

オーソドックスなゴルフスイング理論では、深い捻転がパワーを生むと書かれています。その通りなのですが、正確不動法ではコンパクトなスイングをするので、そんなに深い捻転にはなりません。

また、深い捻転であればあるほど、ショットのコントロールが難しくなるというデメリットもあるのです。

ヒールアップ

また、体の固い方はヒールアップもするでしょう。私もストレッチなどを一生懸命行っていますが、なかなか柔軟になりません…。

ヒールアップもまったく問題ありません。ただ、ヒールアップをするとリバースピボットになりやすいので、注意しましょう。

その他の注意点としては、ダウンスイングは左足の踏み込みから始めるということです。これは捻転によって飛ばすというボディーターンスイングの要なので、ぜひ気をつけましょう。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)