ホームへ

アプローチ、パット、トラブル

スポンサード リンク

中部銀次郎が1メートルのパットばかり練習する理由

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)「中部さん、なぜ1メートルのパットばかり練習してるんですか?」

ゴルフの流れを変えるのはショットより、むしろパットの成否にかかっていることが多いからです、と中部銀次郎は答える。

(さらに…)

パターゴルフはパッティングの効果的な練習になる

正確不動法は、短期間でスイングが上達する方法です。

そのため、コースに出る前には練習場(打ちっぱなし)で練習をしておいた方がよいと思いますが、それ以外にはあまり練習場に通わなくなるかもしれません。

(さらに…)

パターをぶら下げてグリーンの傾斜を読む

よくプロの試合を見ていると、グリーン上でゴルファーがパターをぶら下げて、真剣に何かを見ている姿を目にします。

具体的には、しゃがんだ姿勢で、両手や片手でパターのグリップの一番上のあたりを持って、ぶら下げています。

(さらに…)

手がしびれる!パッティングでのイップスを治す方法

イップスとは、パッティングのときに手が震えたり緊張してしまい、パットがおかしくなったり打てなくなってしまうことを言います。

名だたるプロゴルファーでも、イップスになってしまい、その後の選手生命を絶たれてしまうこともあります。

(さらに…)

パッティングのグリップ、ストローク、ラインの読み方のコツ

グリップ

パッティング(パット)のご説明です。まずはグリップです。

パッティングのグリップには3つのやり方があります。
1 オーバーラッピング
2 逆オーバーラッピング
3 クロスハンド

(さらに…)

ディボット跡、バンカーからのショット

ディボット跡からの打ち方

ディボットとは、フェアウェイ上でターフ(芝生)が削り取られたところのことです。

ディボット跡からのショットは、2つのパターンがあります。

(さらに…)

ラフ、林、池越えのトラブルショットの打ち方

ラフからの脱出法

正確不動法を実践されているなら、球がほとんど曲がらないのでフェアウェイをキープできる場合が多いですが、それでもラフに入ってしまう場合もあるでしょう。

ラフからのショットは、ライの状態によって打ち方が変わってきます。

(さらに…)

前上がり、左足下がりなどの斜面からのショットの打ち方

斜面のライからのショットの注意点をご説明します。まずは前上がり(つま先上がり、前足上がり)からのショットです。

前上がりの場合は、ボールが左に曲がるので、目標をやや右に定めます。

(さらに…)

アプローチ(ランニング、ピッチエンドランなど)の打ち方

フェースはスクエアで

アプローチとは、グリーン周りからグリーンに乗せるためのショットです。

アプローチはドライバーやアイアンショットに比べると地味な印象がありますが、実はアプローチが上手くないとスコアはアップしません。

(さらに…)

カシオワールドオープンでパッティングに苦しむ石川遼

(日本経済新聞10/11/27から引用)(カシオワールドオープン2日目で宮本勝昌は)今月上旬の世界選手権シリーズ、HSBCチャンピオンズに出て、世界の強豪はケアレスミスをほとんどせず「そこが日本ツアーの人との違い」と実感した。
(中略)(石川遼は)好調なショットに反し、パットが決まらない。せっかくのバーディーチャンスを何度も逃した。
(さらに…)
ページ2 / 212