ホームへ

正確不動法 基本編

スポンサード リンク

ゴルフスイング中に絶対に動かしてはいけない一点とは

スポンサード リンク

(2009年6月20日 記述)

さて、これまでバックスイングのご説明をしてきましたが、今回はゴルフスイングの全体を通して、絶対に守っていただきたいことをご紹介します。これこそが、正確不動法の「不動」が指すものです。

(さらに…)

バックスイングのトップの位置、腕の角度、リストコック

いよいよスイングの開始です。まずはテークバック(テイクバック。スイングの始動段階)です。ここで重要なのは、クラブを持ち上げていくときに手首を使わない、動かさないことです。

そのためには、両肩、両腕、グリップを結んだ三角形を崩さないでクラブを上げていくことです。すなわち、手首で持ち上げるのではなく、この三角形全体を動かすのです。

(さらに…)

ゴルフスイングのセットアップとアドレスの手順と方法

それではゴルフスイングのセットアップ(構えかた)をご紹介しましょう。

なお、セットアップの仕方は「女性のゴルフ」というレッスン書を参考にしています。私の説明は文章が主なので、文章だけではわかりづらいという方は同書を読まれるとイラストつきでわかりやすいと思います。

(さらに…)

ゴルフスイングのスタンスもスクエアが鉄則

続いて正確不動法のゴルフスイングでのスタンスを解説します。スタンスはショットの方向性を高めるのにとても重要です。

スタンスには以下の3通りのものがあります。

(さらに…)

ゴルフスイングのグリップはオーバー・ラッピングでスクエアに

それでは正確不動法のゴルフスイングの基本編です。まずはグリップです。

グリップはオーバーラッピング、インターロッキング、ベースボールの3通りがありますが、ベースボールは一般的ではありません。したがってオーバーラッピングとインターロッキングのどちらがよいかということになります。

(さらに…)
ページ2 / 212