ホームへ

ゴルフの知識

スポンサード リンク

パーとは、パーシモンなど

パー

とはホールの基準打数。ショートホール(男性の場合は250ヤード以下、女性の場合は210ヤード以下のホール)は3打、ミドルホール(同251ヤードから470ヤード、同211ヤードから400ヤードまで)は4打、ロングホール(同471ヤード、同401ヤードから576ヤード)は5打が、それぞれパーの打数。(参考文献1)

ホールごとのパーが基準打数となります。たとえばパー4のホールで、パーで上がれば「よくやった」、バーディーなら「すごい」、ボギーなら「惜しかったね」という感じです。

(さらに…)

パターとは、バックスイング

パター

とは、主としてグリーン上でボールを転がす際に使用されるクラブ。(中略)ルールではグリーン上でのパターの使用は義務付けられていないが、どのコースもローカルルールを設けて、グリーン上でのパターの使用を義務づけている。

パッティングの際に使用することが多いですが、アプローチでも使うことがあります。

(さらに…)

ナイスショットとは、ニーアクション、ニアピン

ナイスショット

とは、いいショットに対する賞賛の言葉。本来はグッド・ショットが正しい呼び方。(参考文献1)

ナイスショットということが多いです。ちなみにロングパットを上手く沈めたときには「ナイスイン」と褒めることがあります。

(さらに…)

トリプルボギーとは、ドローなど

トリッキー

とは、正統派と対極にあり、幻惑されたり一筋縄ではいかないこと。トリッキーなコースといえば、ドッグレッグやアップダウンが多く、ナイスショットのつもりがトラブルになるようなホールが多いことをいう。(参考文献1)

トリッキーなコースは難しいコースが多く、日本のメジャー大会が開催されるコースもこうした所が多いです。

(さらに…)

ドッグレッグとは、トップなど

トータル・ディスタンス

とは、キャリーとランを合計した飛距離のこと。キャリーとは、ボールを打ち出してから最初に地面につくまでの飛距離です。ランとは、その後地面をボールが転がる距離です。

フェードボールではランが少なく、ドローボールではランが多いです。そのため、一般にドローのほうが飛距離が出ますが、よく転がるということは悪いライやラフに行ってしまう可能性もあるということです。

(さらに…)

テイクバックとは、ティーグラウンド、ティーチングプロなど

テイクバック

とは、バックスイングの初期の段階。この段階で間違いがあると、正しいスイングはできない。(参考文献1)

つまり、アドレスの状態からクラブを持ち上げていく動作のことです。ゴルフスイングが正しいかどうかの7割はバックスイングで決まるともいわれます。

(さらに…)

ダフとは、ダブルボギー

ダフ

とは、ボールの手前の地面をたたくこと。初心者に多いミスショット。ダフるともいう。

過去形は「ダフった」です。トップと並んで初心者に多いミスです。私などこれまでに何度ダフったか分かりません。

(さらに…)

ダックフックとは、タッチなど

ダックフック

とは、飛び出してからすぐに、急速にフックするボールのこと。右打者の場合、ボールの左回転が大きくなるためで、フェイスのかぶり過ぎ、右手の使いすぎ、それらが複合された場合に起きる。
チーピンと同義。(参考文献1)
(さらに…)

ダウンスイングとは、ダウンブローなど

タイ

とは、ストローク数が同点になること。プロの試合はストロークプレーがほとんどですから、スコアが同じ選手が何人もいることが多いです。

そうすると、何位タイということになります。

(さらに…)

セオリーとは(ゴルフスイングで頭を動かさないことについて)

セオリー

とは、学問的に認められた理論。学説をいう場合と、実際に行われている行為などに対し、理論的な考え方と対照させて使われることがある。
たとえば”ゴルフスイング中は頭を動かすな”というセオリーも、正確に頭をとめておくわけではなく、頭が動くことによってスイング軸がブレてしまうことが多いため、これを戒めるために使われる表現。
(さらに…)
ページ2 / 6123456