ホームへ

プロ選手の話題

スポンサード リンク

樋口久子が語るゴルフスイング練習法と恩師・中村寅吉

スポンサード リンク

(日本経済新聞11/7/19の樋口久子氏のコラムから引用)男女を問わず、最近はティーチングプロなどコーチに見てもらっている選手が多い。いいコーチに巡り合うことはすごく大事だ。
全米オープンを制したR・マキロイはジュニア時代からずっと同じ人に師事していると聞くし、先日の日医工女子オープンに勝った上原彩子さんも新コーチとの出会いが大きかったという。
(さらに…)

タイガー・ウッズのスキャンダル

世界ランキング一位のプロゴルファー、タイガー・ウッズの女性問題というスキャンダルが、2009年に話題になりました。

そして2010/2/20の読売新聞では、タイガーが数人の記者の前で謝罪会見をしたことを報じています。質問は受け付けなかったので、マスコミにはボイコットの動きもあったそうです。

(さらに…)

中嶋常幸が語るオーガスタの難しさ

(日本経済新聞10/3/16の中嶋常幸プロの記事から引用、抜粋)
私がそうだったように日本のジュニアゴルファーのだれもがマスターズにあこがれる。毎年、同じ会場で開催され、過去の名場面は数知れず。
(さらに…)

初優勝! 宮里藍おめでとう

(09/7/27記述)
宮里藍選手が全米ツアーに組み込まれているエビアン・マスターズでみごと初優勝を果たしました。

アメリカLPGAに参戦して4年、スランプもあって苦しい闘いだったでしょう。何度か優勝争いにからんだのですが惜しくも優勝には手が届きませんでした。

(さらに…)

復活を遂げた丸山茂樹とハーフスイング

09年12月、日本シリーズJTカップで丸山茂樹が久々の優勝を遂げました。日本ツアーで10年ぶりの優勝です。

マルちゃんは数年間、アメリカに渡ってPGAツアーに参戦していました。確か3回ほど優勝したのですから素晴らしいと思います。

(さらに…)

女子プロの飛距離の秘密

近年、若手の台頭によって人気の高い女子プロゴルフですが、彼女たちは男性に比べると全体的に細身で身長も低く、筋肉量も少ないはずです。

ところが、250ヤードとか260ヤードなど、立派な飛距離を出します。もちろん女子プロも筋力トレーニングをしている人もいるでしょうが、前述のようなことを考えると、やはり男性に比べれば飛距離を出しづらいはずです。

(さらに…)

快挙!石川遼が賞金王に

(09/12/13記述)
2009年度の国内男子ゴルフツアー、石川遼選手が18歳にして見事賞金王に輝きました。すごいとしかいいようがありません。

この前まではハニカミ王子と名づけられていましたが、もはや王子ではなく「王」として君臨しているのです。

(さらに…)

石川遼がボール位置を左に変えるゴルフスイング改造

(10/12/5 記述)

先日、石川遼選手が彼のあこがれの選手であるタイガー・ウッズとテレビ番組で対決したそうです。残念ながらこの番組は有料チャンネルに加入しないと見られないそうなので、私は見ることができません(泣)。

(さらに…)

タイガー・ウッズのコーチ、ハンク・ヘイニーが辞任

(日本経済新聞10/5/12から引用、抜粋)

不倫スキャンダルから復帰した男子ゴルフのタイガー・ウッズ(米国)のスイング・コーチ、ハンク・ヘイニー氏が10日、ウッズのコーチを辞任すると発表した。
(さらに…)

アメリカツアーで5勝した宮里藍の強さ

(日本経済新聞10/12/17から引用)25大会のうち17大会でアジア勢が優勝をさらった、今季の米女子ゴルフツアー。主要各部門受賞者の顔ぶれが、その強さを物語る。
世界ランク1位は申ジエ(韓国)、賞金女王は崔ナヨン(韓国)、年間最優秀選手はヤニ・ツェン(台湾)。いずれも20歳台前半で、来期もツアーの主役になりそうな勢いがある。
(さらに…)
ページ2 / 3123