ホームへ

マナー

スポンサード リンク

ゴルフクラブの本数の確認、ボールの印など

(参考文献2から引用)
スターティングホールへ行くと、キャディがキャディバッグをカートに積んで待っています。キャディの挨拶の後、各プレーヤーのクラブの数を一緒に確認します。

クラブ確認はラウンド終了後、もう一度行います。

(さらに…)

前進4打などのローカルルールをしっかり理解する

(参考文献1から引用、抜粋)
ローカルルールとは各ゴルフ場が、そのコースに見合うように独自に定めたルールであり、コースでプレーする人はスタート前に精通しておく必要がある。スコアカードの裏に明記されている。

例えば、コースを保護するためにフェアウェイにあるボールは、6インチの範囲内でプレースすることができるとか、第1打がOBになった場合は前方の特設ティからプレーイング4でプレーする。

(さらに…)

他のプレーヤーのパッティングラインやカップの淵を踏まない

(参考文献1から引用、抜粋)
ショット以上に神経を使うのがパッティング。人がパットのアドレスに入ったら、歩き回ったり私語を交わすのをやめ、じっと静かに見守るのがエチケットである。

また、パッティング・ラインの延長線上やその後方、打つ人の正面や真後ろなどに立つのはもとより、影が気になるような位置に立つこともエチケットに反する。

(さらに…)

グリーン上でのボールのマークの仕方

(参考文献1から引用、抜粋)
グリーンにオンしたボールは、マークすればいつでも拾い上げて拭くことができる。フェアウェイでは特別な場合以外、こんなことはできない。

もちろん拾い上げなくてもいいのだが、人のパッティングの妨げになるようなケースでは、ルールで拾い上げが義務付けられている。

(さらに…)

グリーン上でのマナーとボールマークの直し方

(参考文献1から引用、抜粋)
フェアウェーでは早足が美徳だが、ことグリーン上に限っては、忍者のような忍び足がマナーとなる。

グリーンはパッティングがしやすいよう特に整備されている。間違っても、飛び跳ねたり、スパイクシューズを引きずって歩いたりしてはならない。

(さらに…)

バンカーでのゴルフマナー

(参考文献1から引用、抜粋)
バンカーの周辺には、トンボといわれるバンカーを平らにならす道具が置いてある。バンカーショットが終わったら、必ずこれでショットの跡や足跡をきれいにならさなくてはいけない。

これもディボットと同様で、ならされていない砂に自分のボールが落ちたことを考えれば、いかに大切なエチケットであるかがわかるだろう。

(さらに…)

ディボット跡をつくらないためのゴルフマナー

(参考文献1から引用、抜粋)
ディボットとは、ショットによって切り取られた芝生のこと。アイアンショットで切り取られやすいが、この跡は必ず元の場所(ディボット跡)に戻して足で踏みつけておく。

プレーヤー全員がこれを実効すれば、ディボット跡からのショットはしなくてもすむのである。(引用終わり)

(さらに…)

スロープレーを脱して迅速に回ろう

(参考文献1から引用、抜粋)
プロや上級者を見ればよくわかるが、ゴルフのうまい人は皆一様にプレーが速い。打ち終わったらさっさとボールの落下地点に歩いていく。

このテキパキとしたリズムがゴルフでは大切なのである。それに比べて、へたな人ほどプレーが遅い。

(さらに…)

打つ人のショットを静かに見守る

(参考文献1から引用、抜粋)
ちょっとした咳払いの一つでも、打つ人にとっては大変気になるもの。毎日ボールを打っているプロでさえ「仕切り直し」をするのを見ても、アドレス時の精神集中がいかに大切なものかがわかるだろう。

人がアドレスに入っているにも関わらず、同伴競技者同士ペチャクチャおしゃべりをしたり、ブンブン素振りをするなどもってのほかで、ゴルファー失格である。

(さらに…)

コースや練習場で安全を確認する

(参考文献1から引用、抜粋)
コースがこう混んでくると、打ち込みによる事故も目新しくなくなってきた。

「あんなところまで飛びっこないよ」これが最も危険なのだ。ピンにはなかなかからまないボールも、行ってはいけない方向には思いのほか飛んでいくもの。

(さらに…)
ページ2 / 3123