ホームへ

中部銀次郎の名言

スポンサード リンク

中部銀次郎がパットが入らないときにとった対策

スポンサード リンク

(「銀のゴルフ」から引用)(中略)中部は通常クラシカルなブレードのL字型(のパター)を愛用した。
そのパターで大きな試合にいくつも勝った。だが神の悪戯か惜しいパットがことごとく外れる日もあった。
(さらに…)

ミスショットをしても余計な言葉や動作はしない

(「銀のゴルフ」から引用)良かれ悪しかれ大声を出しオーバーアクションを繰り広げるゴルファーが少なくない今日この頃。
ただ中部自身はどんなショットが出ようがどんなスコアでホールアウトしようが、ただ淡々とラウンドを続けるのみである。
(さらに…)

頻繁にスタンスやグリップを変えることの問題点

(「銀のゴルフ」から引用)カメレオンのようにショットのたびにマイナーチェンジを試みるゴルファーがいる。
スタンスをクローズにしたりオープンにしたり、グリップをストロングにしたりウィークにしたり、あるいはアドレスの手順そのものを変更したり。
(さらに…)

残り距離の判断は他人に頼らず、自分で判断することが重要

(「銀のゴルフ」から引用) 「キャディさんグリーンまで残りどれくらい?」多くのゴルファーは毎ホールこの質問をくり返す。あるいはヤーデージ杭を何度もふり返りクラブを何本も持って迷いに迷う。
「見た目に近いような気がするけど…100ヤードの杭があそこならこのクラブでいいのかな?」
(さらに…)

インテンショナルボールを打つことを自分に禁じた中部銀次郎

(「銀のゴルフ」から引用) ゴルフがそこそこのレベルに達すると、ゴルファーという生き物はさまざまな球筋を打ち分けたくなるものである。
「みてみて俺のドローボール!」「それよりこっちのパワーフェードはどうよ」
(さらに…)

ナイスショットの確率を知ればスコアアップできる

(「銀のゴルフ」から引用)
それは1年前! 「キャディさん残りはいくつ?」「ここは400以上あるミドルですからまだ190くらい残っています」

「じゃあスプーンで2オン狙えるな」「いやぁ中部さん、ゴルフってやっぱりショット次第ですねぇ!」

(さらに…)

4本だけのクラブでラウンドして、シンプルなゴルフをつくる

(「銀のゴルフ」から引用)
「中部さん! 何をするんですか? ボクのクラブを全部抜き取ったりして!」

全部じゃありません。パターは残してますよ。(中略)パターの他に4本でラウンドしてみませんか?

(さらに…)

中部銀次郎がいい加減なゴルフプレーをしない理由

(「銀のゴルフ」から引用)
(中略)中部はいわゆる接待ゴルフにおいても、決してゆるんだプレーは見せなかった。

恐いのです! 「エ…、恐いって中部さん、何が?」

(さらに…)

歩く姿勢がよいアドレスにつながる

(「銀のゴルフ」から引用)
「ふー! 今日もパッとしないスコアでした。中部さん、ボクは何がいけないんでしょう?」

そうですね。あの二人のプレーヤーをご覧になってください。前を行くメガネをかけた人は歩く姿勢がいいですね。颯爽と背筋を伸ばしている。

(さらに…)

アプローチはトスのイメージで転がす

(「銀のゴルフ」から引用)
「中部さん! ここから何番で寄せたらいいんでしょう?」そうですね、手の5番が一番いいんじゃないですか?

「手…の、ご冗談を!」 いえいえ、だまされたと思って一度、試してみてください。

(さらに…)
ページ1 / 3123