ホームへ

中部銀次郎の名言

スポンサード リンク

欲張らないバンカーショット

スポンサード リンク

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)
「中部さん、バンカーショットがうまくなるコツを教えてくれませんか?」誰の言葉だったか…、窓の開いているうちに打て、と言ったプロがいました。

アドレスをしたとき、これはうまく打てそうだな、ナイスアウトしそうだな、となんとなく予感することがあります。そういう心理状態を窓が開いている、と表現したんだと思います。

(さらに…)

ゴルフのまぐれの実力と真の実力

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)「中部さん、見てください。ボクもついに夢の30台が出たんですよ!(中略)」

水をさすようで申し訳ないんですが…残りのハーフは50台ですね。(この後、このゴルファーが実力を示すために中部銀次郎氏と一緒にラウンドするが、ミスを連発する)

(さらに…)

ゴルフプレーで最悪を覚悟することの大事さ

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)
ティショットを崖下や林に打ち込んだらあなたはどんな気持ちでセカンド地点に向かいますか?

「そりゃなんたって焦りますよ中部さん! それから木に邪魔されずに打てる所に球が止まっていてほしいと思いますね」

(さらに…)

中部銀次郎がゲンを担ぐ理由とは

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)中部銀次郎は意外にゲンを担いだ。現役時代の勝負服は白いシャツに紺のスラックスと決めていた。

スパイクは少なくとも1ヶ月以上履きなれたものしか試合に使わなかった。(中略)

(さらに…)

中部銀次郎が1メートルのパットばかり練習する理由

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)「中部さん、なぜ1メートルのパットばかり練習してるんですか?」

ゴルフの流れを変えるのはショットより、むしろパットの成否にかかっていることが多いからです、と中部銀次郎は答える。

(さらに…)

次善のルートを求めるコース戦略

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)コース戦略を考えるとき、中部銀次郎は常に「次善」のルートを探していた。

たとえば右ドッグレッグのホールでコーナーギリギリ(ぎりぎり)にティショットを打っていけば、それはベストかもしれない。

(さらに…)

林の中から無理をするという選択肢はない

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)木と木の間の狭い空間にグリーンが見えていた。日本アマを6度も制した男ならその空間を狙っていきそうなものだ…が、中部銀次郎はもっとも安全なルートからボールをフェアウェイに打ち出していた。

(中部さんいわく)私は我慢だと思っていません。たとえば林につかまった時、私は10回打って10回出せるルートへしか打ちません。

(さらに…)

飛ばないことをアドバンテージにするゴルフスタイル

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)中部銀次郎は飛ばなかった。「競技生活を通じて私のドライバーの平均飛距離はキャリーで220。ランを入れてもせいぜい240(ヤード)ぐらいのものでした」

日本アマを争うほどの男達は皆中部を凌駕する飛距離を誇っていた。だが中部はそれをうらやましいとは思わなかった。

(さらに…)

ナイスショットがなぜ続かないか

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)「ナイスショットっていうのはなぜ続かないんでしょう?」中部銀次郎はよく新橋の酒場でこんな質問を投げかけられたものである。

中部は静かに微笑んでこんな話をし始める。「たとえば今日イチといわれるようなティショットを打ったとしましょう。

(さらに…)

ゴルフスイングの下手を固めるために練習した中部銀次郎

(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)日本アマに6回も勝った男はいったいどんな練習をしたのだろう? 中部(銀次郎)の答は意表を衝いた。「ヘタを固めるために練習した!」

中部銀次郎の師匠といえば父の利三郎氏である。(中略)(父と子の)微妙な齟齬が中部のループを描く独特のスイングを作り上げてしまった。

(さらに…)
ページ2 / 3123