ホームへ

国内男子

スポンサード リンク

11年日本オープンの開幕前情報1 石川遼、池田勇太など

スポンサード リンク

(日本経済新聞11/10/12から引用)(石川遼は)憧れのマスターズや全米オープンなど国内外でメジャー経験を重ねることにより、コース設定が難しい試合にもやりがいを感じるようになった。
「ティーショットやアイアンの精度、技術の差が明確に表れる。フェアウエーが狭くてグリーンが硬いのは前は苦手だったけど、今はチャンスがあるのでは、と思える」
(さらに…)

11年コカ・コーラ東海クラシック最終日でべ・サンムンが優勝

(日本経済新聞11/10/3から引用。コカ・コーラ東海クラシック最終日は)日本参戦2年目で単独首位スタートのベ・サンムン(25、韓国)が1イーグル、1バーディー、4ボギーの73で通算7アンダー、281とし、(中略)今季2勝目を挙げた。
1打差の2位は高山忠洋(中略)。
(さらに…)

コカ・コーラ東海クラシック3日目で藤田寛之にスイングフォーム修正の効果

(日本経済新聞11/10/2から引用。コカ・コーラ東海クラシック3日目は)韓国ツアーの2008、09年賞金王のベ・サンムンが4バーディー、4ボギーの72で回って通算8アンダー、208とし単独首位に立った。
2日連続のベストスコアとなる68を出した藤田寛之が、金享成とともに7アンダーの2位。
(さらに…)

片山晋呉が長尺パターでバーディー連発

(日本経済新聞10/10/24から引用)(ブリヂストンオープン3日目)2年ぶりの優勝を目指す片山晋呉が、14番からの5連続を含む10バーディーを奪い、コース新記録の10アンダー、62をマーク。
(中略)1、2番を口火に10バーディー。14番からは怒とうの5連続で締めた。計10個のうち、6,7メートルも3つ。パットを打てば、面白いように決まった。
(さらに…)

ミズノオープンで堅実なゴルフのハン・ジュンゴンが優勝

(日本経済新聞11/6/27から引用)(ミズノオープンで)首位と3打差の5位でスタートした19歳のハン・ジュンゴン(韓国)が通算13アンダー、275で逆転優勝、賞金2200万円を獲得した。
日本ツアー参戦1年目で初優勝。19歳1ヶ月での優勝は石川遼に次ぐツアー史上2番目の年少記録。
(さらに…)

10年日本オープンでの石川遼のコースマネジメント

(10/10/14読売新聞の、「第75回日本オープン」前の石川遼のインタビューから引用)
(中略)日本オープンのセッティングは独特だ。「狭いフェアウェー、深いラフ、小さく硬いグリーン、というコースは苦手意識があったが、今年の中日クラウンズで勝ち、苦手意識がゼロに近くなった。」
(さらに…)

谷原秀人がシャフトの硬さを下げて好調

(読売新聞10/10/10から引用)

キヤノンオープン第3日(9日、神奈川戸塚CC西 7168ヤード、パー72)
(さらに…)

2010年最優秀選手に藤田寛之、キムキョンテは4部門で受賞

(日本経済新聞10/12/7から引用)日本ゴルフツアー機構(JGTO)は6日、東京都内のホテルで男子ツアーの年間表彰式を行った。最優秀選手には前日終了の日本シリーズJT杯など2勝し、賞金ランク2位となった藤田寛之が選出された。
賞金王に輝いたキムキョンテは平均ストロークなど計4部門で受賞した。(以下略)
(さらに…)

飛距離ではなく正確なゴルフで賞金王になったキム・キョンテ

(読売新聞10/12/6から引用)(賞金王になったキムキョンテの)ドライバーの平均飛距離はツアー60位の277ヤード。決して飛ぶ方ではないキムキョンテの武器は、正確なショットと、ぶれない心だ。
「攻撃的なゴルフじゃない」と自認する。ティーショットをフェアウエーに置き、パーオンさせてチャンスを待つ。
(さらに…)

2010年日本シリーズJTカップで藤田寛之がメジャー初制覇

(日本経済新聞10/12/6から引用)(日本シリーズJTカップ最終日)2位に3打差の首位でスタートした藤田寛之が1イーグル、3バーディー、1ボギーの66をマーク。
通算15アンダー、265で国内メジャー初制覇、今季ツアー最終戦を飾った。
(さらに…)
ページ2 / 41234