ホームへ

国内男子

スポンサード リンク

2010年日本シリーズJTカップ3日目 カップに嫌われた池田勇太

スポンサード リンク

(日本経済新聞10/12/5から引用)(日本シリーズJTカップ3日目、藤田寛之は)前週のカシオワールド13位で今季賞金王への可能性が消えた。
だがすぐに気を取り直し、海外メジャー出場も見えてくる世界ランク50位(現在58位)と賞金ランク2位を目指して、最終戦での優勝に狙いを定めた。
(さらに…)

カシオワールドオープンでパッティングに苦しむ石川遼

(日本経済新聞10/11/27から引用)(カシオワールドオープン2日目で宮本勝昌は)今月上旬の世界選手権シリーズ、HSBCチャンピオンズに出て、世界の強豪はケアレスミスをほとんどせず「そこが日本ツアーの人との違い」と実感した。
(中略)(石川遼は)好調なショットに反し、パットが決まらない。せっかくのバーディーチャンスを何度も逃した。
(さらに…)

2010年日本ツアーの賞金王争い1 男子(石川遼、キムキョンテなど)

(日本経済新聞10/11/16から引用)今季の国内ゴルフツアーも大詰め、残り試合は男子が3,女子は2となった。注目の賞金王、女王レースではキム・キョンテ、アン・ソンジュといずれも韓国勢がトップを快走している。
昨季、最終戦まではしのぎを削った石川遼、池田勇太らが逆転賞金王へ虎視たんたん。横峯さくらは、再び波乱のドラマのヒロインを演じられるのか。
(さらに…)

ショットの不調を小技で補う藤田寛之

(日本経済新聞10/10/23から引用)(中略、ブリヂストンオープンでの藤田寛之について)日本オープンではショットに苦しみ、2位にとどまった。
(中略)今週も悩みは全く解消されていない。同組の金庚泰とプレースタイルは似ているが、ショットにはかなり引け目を感じている。「本当にダメなんですよ。なかなか出口が見えない」。
(さらに…)

10年日本オープンの開幕前情報2 石川遼、池田勇太、薗田峻輔

(日経新聞10/10/13から引用)(石川遼は)日々たゆまぬトレーニングで上体は筋骨隆々。平均飛距離は昨季の292.37ヤード(9位)から297.19ヤード(5位)に伸びている。
練習量を増やすことによって、ロングアイアンへの苦手意識も消えた。「3番、5番アイアンの精度は1年前に比べ変わった。サイドスピンが減り、ストレートボールを打てる。パー3はチャンスホールと思えるように」。
(さらに…)

10年日本オープンの開幕前情報1、クラブが寝て入る問題の矯正法

(日本経済新聞10/10/13から引用)男子ゴルフの今季メジャー第3戦、第75回日本オープン選手権は14日、愛知カントリークラブで開幕する。
(中略)(片山晋呉は)昨春のマスターズ・トーナメントで4位に入ったことで、ある意味での「喪失感」を味わった。
(さらに…)

ANAオープン、池田勇太の緻密な刻み

(日本経済新聞10/9/19から引用)

ANAオープン(札幌GC輪厚 7063ヤード、パー72)(3日目)で今季2勝目を狙う池田勇太が2イーグル、4バーディー(2ボギー)を奪い、この日のベストスコア66をマーク。
(さらに…)

10年フジサンケイクラシックで薗田峻輔が8割スイング

(日本経済新聞10/9/4から引用)(フジサンケイクラシック2日目)この日ベストの65をマークした額賀辰徳が3アンダーの6位タイに浮上。(中略)尾崎将司は1打及ばず予選落ちした。
前日に「明日はアウトでアンダーを」と話していた石川だが、苦手意識があるのか、1番でダブルボギー、3番(570ヤード)では2オンに成功しながら、ツアー初の4パットでボギーとつまずいた。
(さらに…)

新人ながらバーディー率1位の薗田峻輔

(読売新聞夕刊10/8/16から引用)

今季のバーディー率(1ラウンドあたりのバーディー以外の数)は4.00。池田勇太の3.93、石川遼の3.87などを差し置いて、新人ながら堂々のトップに立つ。
(さらに…)

高山忠洋が5年ぶりに優勝 手首のケア

(日本経済新聞10/8/2から引用)

(サン・クロレラクラシック 北海道小樽CC)高山忠洋(32)が4バーディー、2ボギーの70で回り、通算17アンダー、271で優勝、賞金3000万円を獲得した。
(さらに…)
ページ3 / 41234