ホームへ

プロツアー情報

スポンサード リンク

アメリカツアーで賞金ランク17位になった宮里美香

(日本経済新聞10/12/16から引用)プロ2年目の宮里美香(21)が、米ツアー賞金ランキング17位で今季を終えた。
「開幕前の目標だったトップ20をクリアできてよかった。後半戦のゴルフはすごい自信が持てた」と充実したシーズンを振り返った。
(さらに…)

2010年最優秀選手に藤田寛之、キムキョンテは4部門で受賞

(日本経済新聞10/12/7から引用)日本ゴルフツアー機構(JGTO)は6日、東京都内のホテルで男子ツアーの年間表彰式を行った。最優秀選手には前日終了の日本シリーズJT杯など2勝し、賞金ランク2位となった藤田寛之が選出された。
賞金王に輝いたキムキョンテは平均ストロークなど計4部門で受賞した。(以下略)
(さらに…)

飛距離ではなく正確なゴルフで賞金王になったキム・キョンテ

(読売新聞10/12/6から引用)(賞金王になったキムキョンテの)ドライバーの平均飛距離はツアー60位の277ヤード。決して飛ぶ方ではないキムキョンテの武器は、正確なショットと、ぶれない心だ。
「攻撃的なゴルフじゃない」と自認する。ティーショットをフェアウエーに置き、パーオンさせてチャンスを待つ。
(さらに…)

2010年日本シリーズJTカップで藤田寛之がメジャー初制覇

(日本経済新聞10/12/6から引用)(日本シリーズJTカップ最終日)2位に3打差の首位でスタートした藤田寛之が1イーグル、3バーディー、1ボギーの66をマーク。
通算15アンダー、265で国内メジャー初制覇、今季ツアー最終戦を飾った。
(さらに…)

2010年日本シリーズJTカップ3日目 カップに嫌われた池田勇太

(日本経済新聞10/12/5から引用)(日本シリーズJTカップ3日目、藤田寛之は)前週のカシオワールド13位で今季賞金王への可能性が消えた。
だがすぐに気を取り直し、海外メジャー出場も見えてくる世界ランク50位(現在58位)と賞金ランク2位を目指して、最終戦での優勝に狙いを定めた。
(さらに…)

カシオワールドオープンでパッティングに苦しむ石川遼

(日本経済新聞10/11/27から引用)(カシオワールドオープン2日目で宮本勝昌は)今月上旬の世界選手権シリーズ、HSBCチャンピオンズに出て、世界の強豪はケアレスミスをほとんどせず「そこが日本ツアーの人との違い」と実感した。
(中略)(石川遼は)好調なショットに反し、パットが決まらない。せっかくのバーディーチャンスを何度も逃した。
(さらに…)

2010年日本ツアーの賞金王争い1 男子(石川遼、キムキョンテなど)

(日本経済新聞10/11/16から引用)今季の国内ゴルフツアーも大詰め、残り試合は男子が3,女子は2となった。注目の賞金王、女王レースではキム・キョンテ、アン・ソンジュといずれも韓国勢がトップを快走している。
昨季、最終戦まではしのぎを削った石川遼、池田勇太らが逆転賞金王へ虎視たんたん。横峯さくらは、再び波乱のドラマのヒロインを演じられるのか。
(さらに…)

2010年日本ツアーの賞金王争い2 女子(横峯さくら、アン・ソンジュなど)

(日本経済新聞10/11/16から引用)(横峯さくらは)シーズン開幕前は「女王を狙うつもりはない。海外で成績を残したい」と今季の抱負を語っていた。
目標通りメジャーは4戦すべて予選を通過、全米女子オープンでは日本勢最高の10位に食い込んだ。
(さらに…)

宮里藍は賞金女王に逆転のチャンス

(日本経済新聞10/11/10から引用)

宮里藍(25)の開幕2連勝で幕を開けた米女子ツアーも残り2試合。宮里は今季ツアー最多の5勝をマーク。昨年に続いて賞金女王争いにも加わり、崔羅蓮、申ジエ(ともに韓国)らライバルとしのぎを削っている。
(さらに…)

申ジエがミズノクラシックで優勝

(日本経済新聞10/11/8から引用)

ミズノクラシック(三重県近鉄賢島CC=6506ヤード、パー72)米ツアーで2年連続賞金女王を目指す世界ランク1位の申ジエ(22、韓国)が通算18アンダー、198で優勝、2年ぶりの大会制覇を飾った。
(さらに…)
ページ6 / 11« 先頭...234567891011