ホームへ

プロツアー情報

スポンサード リンク

2010年全英オープンの最終成績

スポンサード リンク

(10/7/20から引用)

全英オープンは18日、最終ラウンドを行い、首位発進のルイ・ウェストヘーゼン(27、南アフリカ)が通算16アンダー、272で逃げ切り、メジャー初制覇を果たした。
(さらに…)

2010年全英オープン最終日 日本勢とウェストヘーゼン

(日本経済新聞10/7/19から引用)

(全英オープンは最終ラウンドを行った。)前日41位の石川遼は5バーディー、3ボギーの70で回り、通算2アンダーでホールアウトした。
(さらに…)

2010年全英オープン2、3日目 石川、谷口徹らが活躍

(日本経済新聞10/7/18から引用)

(全英オープン選手権は17日、)日没サスペンデッドとなった第2ラウンドの残りと、第3ラウンドを行った。
(さらに…)

2010年全英オープン初日 ロリー・マキロイが首位

(日本経済新聞10/7/16から引用)
男子ゴルフの今季メジャー第三戦、第139回全英オープン選手権は15日、英北東部のセントアンドルーズ・オールドコース(7305ヤード、パー72)で156人が参加して開幕した。
2年連続出場の石川遼は5バーディ、1ボギーの4アンダーと好スタートを切った。
(さらに…)

2010年全英オープンが開幕 石川、マクダウエル、エルス

(10/7/15日本経済新聞から引用)
(全英オープンが開幕される。)13日の公式会見で、外国メディアから2位で予選を突破した全米オープンについて質問があった。
石川は「100ある体力のうち、最初の2日間で80を消耗してしまった」とスタミナ不足を痛感したことを強調。トレーニング量を増やしてはいるが、今回は「36ホールで体力を使いきらないように、4日間のペース配分を考えてプレーしたい」と話した。
(さらに…)

2010年全英オープンの開幕前情報

(日本経済新聞10/7/14から引用)

男子ゴルフの今季メジャー第3戦、第139回全英オープン選手権は15日に開幕する。
(さらに…)

2010年全米オープン4日目 石川遼は33位

(日本経済新聞10/6/22から引用)
全米オープン選手権(ぺブルビーチGL)は、2位発信のグレーム・マクダウエル(英国)が74と、スコアを3つ落としながらも粘り、逆転優勝でメジャー初制覇を遂げた。
3日目まで6アンダーで首位のダスティン・ジョンソン(米国)が82と崩れるなど、タフなコース設定に世界の強豪も苦しみ、通算アンダーパーはゼロ。最終日を7位発進した石川遼は80をたたき33位に終わった。
(さらに…)

宮里藍が世界ランキング1位に

(読売新聞10/6/21夕刊から引用)
女子ゴルフの宮里藍が、20日に最終ラウンドが行われた米ツアーの「ショップライト・クラシック」(ドルチェ・シービュー・リゾート パー71)で今季4勝目を挙げ、男女通じて日本人初の世界ランキング1位に浮上することが確実になった。

アメリカツアーの年間4章は、岡本綾子が賞金女王に輝いた1987年に記録して以来の快挙で、日本人最多タイ。

(さらに…)

全米オープン2010 石川遼の苦闘

(読売新聞10/6/21夕刊から引用)
最終日の結果は池田勇太と藤田寛之は通算15オーバーの58位。谷口徹は16オーバーの63位。
3日目に狂った石川遼の歯車は、最終日も戻らなかった。前日から乱れ始めたパットに加え、この日はショットも今ひとつ。「5位以内に入りたい」という目標から、ほど遠い結末となった。
(この日は)打ち切れないパットが続いた。
(さらに…)

全米オープン2010 3日目 石川遼は7位に

(日本経済新聞10/6/21から引用、抜粋)

全米オープン選手権は第3ラウンドを行い、前日2位の石川遼は1バーディー、5ボギーの75とスコアを落とし、通算3オーバーの7位タイに後退した。
(さらに…)
ページ9 / 11« 先頭...234567891011