ホームへ

正確不動法 実践編

スポンサード リンク

簡単に上達してゴルフが面白くなくなる?

スポンサード リンク

正確不動法を実践すると、興味深い現象が起きます。といっても私自身の話ですが。

正確不動法は短期間で正確なショットを打てるようになり、スイング作りに四苦八苦していた状態から簡単に抜け出せます。

(さらに…)

ゴルフスイング時に意識は最初から最後まで尾骨に置く

ゴルフスイング時にどこに意識を置くか、というのはいろいろな考えがあります。一番多いのは頭を動かさないことに意識を置くというものでしょう。

あるいは下半身の丹田に意識を置くというのもあります。

(さらに…)

正確不動法のゴルフスイングはレベルブローが原則

ゴルフスイングであおり打ちに悩んでいらっしゃるゴルファーは多いと思います。あおり打ちとは球を上げようと思うために、上体が右に(飛球線後方に)傾いてしまうことです。

そのためフィニッシュでは体重が右足に残り、明治の大砲というスタイルになってしまいます。

なお、すくい打ちもあおり打ちと同様のものです。

(さらに…)

ゴルフスイングの体重配分と体重移動について

正確不動法のゴルフスイングでは、体重移動(ウェイト・シフト)を意識する必要はありません。

一般のゴルフスイング理論では、テイクバックとともに徐々に体重が右足に移り、トップでは右足に何割体重を乗せる、と言われることが多いです。

(さらに…)

ウェッジからドライバーまで同じように振る

レッスン書によっては、ドライバーとショートアイアンは違うように振れと書いてあるものがあります。

例えば、ドライバーは右足に多く体重を乗せてスタンスして、アッパーブローで打つ。フェアウェイウッドは払うように打つ。ショートアイアンは左足体重で地面に打ち込む、などなど。

(さらに…)

正確不動法のゴルフスイングなら球が曲がらない理由

正確不動法のゴルフスイングは、飛距離が少ない代わりに球が曲がらないか、仮に曲がっても少ししか曲がらないショットが打てます。すなわち、正確なショットです。

正確なショットを打てる理由を考えてみます。まず、トップの位置が低いことがあります。スイングというのは、深いスイングになればなるほど、トップの位置が高くなり、捻転(上体のひねり)も深くなります。

(さらに…)

ゴルフスイングのトップでのシャフトの角度とスイングプレーン

トップ・オブ・スイング(スウィング)でのシャフトの角度についてご説明します。

正確不動法ではトップは3時の位置(一般のハーフスイングの位置)です。このとき、ゴルフスイングを飛球線後方(スイングしている人から見ると右側)から見て、クラブのシャフトがどのような角度をつくっていればよいのでしょうか。

(さらに…)

ゴルフスイングのトップで左腕は曲げずに伸ばす

ゴルフスイングのトップの位置で、左腕は曲げずに伸ばした方がよいという説と、左腕は曲げてもよいという説とがあります。

(さらに…)

正確不動法ではリストターン(手首)は使わない

正確不動法のゴルフスイングではリストターンは使いません。

(さらに…)

正確不動法のゴルフスイングはなぜ頭でなく尾骨を動かさないことを重視するのか

正確不動法の「不動法」とは、尾骨の位置と角度を動かさないことです。ところで、レッスン書にはよく「頭を動かさない」と書かれています。

なぜ不動法のゴルフスイングでは頭でなく、尾骨を動かさないようにしているのでしょうか。

(さらに…)
ページ2 / 3123