ホームへ

正確不動法 理論編

スポンサード リンク

正確不動法のゴルフスイングで飛距離はどれだけ落ちるか

スポンサード リンク

読者の方から、正確不動法のゴルフスイングではどれくらい飛距離が落ちるのかというご質問をいただきました。

確かにこの点は気になるゴルファーが多いはずです。飛ばしはゴルフの醍醐味の一つですし、私もショットの正確さが落ちなければ1ヤードでも遠くに飛ばしたいと思います。

(さらに…)

ドラコンがゴルフスイングをおかしくする

コンペなどによっては、ドラコン(ドライビング・コンテスト)が組み込まれていることもあるでしょう。

もちろん、飛ばしはゴルフの大きな魅力の一つであり、ドラコンを楽しみにされるゴルファーも多いでしょう。

(さらに…)

飛ばし屋ゴルファーの球が曲がりやすい理由

ゴルフとは面白いもので、飛ばし屋=勝てるというわけではありません。もちろん飛ばせれば次のショットを番手を下げて短いクラブで打てるので有利なのは間違いありません。

ただ、ゴルフは飛ばす人はボールが曲がりやすくなり、飛ばない人はボールが曲がりにくいものです。

(さらに…)

正確不動法を考えるまでの私の数々の失敗談

私いぬはちろうのゴルフ歴やプロフィールを少し書いてみたいと思います。

まず、私はアマチュアゴルファーです。ゴルフに興味をもったきっかけは、プレイステーションから出ていたゴルフゲーム「みんなのGOLF」をプレイしたのがきっかけです。

(さらに…)

正確不動法のゴルフスイングは手首にも負担が少ない

正確不動法はスイングがコンパクトなため、飛距離はやや劣りますが、体に負担が少ないスイング法だと思います。

具体的には、腰や首などへの負担が少ないと思いますが、手首への負担も少ないはずです。

(さらに…)

正確不動法のメリットとデメリット

これまでのまとめとして、正確不動法のメリット(長所)とデメリット(短所)について書いてみます。

まず、メリットとしては、
・短期間でマスターできる
・スコアアップにつながる
・体に負担が少なく、怪我や故障をしにくい
・お金があまりかからない
という点があります。

(さらに…)

正確不動法のゴルフスイングで飛距離はどれくらいか

正確不動法は正確さを重視する分、飛距離はあまり出ないと申し上げました。

それでは正確不動法でどれくらいの飛距離が出せるでしょうか(ティーグラウンドの高さなどを計算に入れない、練習場での飛距離です)。

(さらに…)

正確不動法のゴルフスイングが向く人、向かない人

当サイトで自信をもっておすすめするこの正確不動法ですが、どなたにでも向いている方法と言うわけではありません。

お金を節約したいゴルファー

それでは、向いている人はどのような人でしょうか。第一に、お金をあまりかけずにゴルフのスコアをアップさせたい人。こういった方にはぜひおすすめします。

(さらに…)

ゴルフは上達するのが難しいスポーツか

一般には、ゴルフは上達するのが難しいスポーツだと思われています。

よく言われるのが、野球やテニスなどと違って地面に止まっているボールを打つのが難しいわけがないと思ってゴルフを始めたら、とんでもなかったという話です。

(さらに…)

飛距離を追求しすぎると手打ちのゴルフスイングになりやすい

私のゴルフスイングにおける持論は、「飛ばそうとすることがさまざまな問題を引き起こす」ということです。当サイトをご覧になっている方には耳にたこができる話ですが…。

今回は、飛ばそうとすることで、手打ちになってしまいやすいという点を解説します。

(さらに…)
ページ1 / 3123