ホームへ

カ行

スポンサード リンク

コントロールとは、コンパクト、コンプレッションなど

○コントロール

とは制御、抑制。コントロール・ショットといえば意図した方向、距離、球筋を出すことをいう。
「ゴルフはミスをいかに少なくするかのゲーム」といわれるほど失敗はつきもの。セルフ・コントロール(中略)といわれる自制心を試されるゲームでもある。(以下略、参考文献1)
(さらに…)

コンセントレーションとは、コンテストなど

コンシード

とは、マッチプレーで相手のパットの省略を認めること。OKは俗称。

(以上、参考文献1)
一般にはOKパットということが多いですね。プロのマッチプレーの試合でも、コンシードしている場面をときどき見ます。

(さらに…)

ゴルフウイドウとは ゴルフをやめる人が少ない理由

○ゴルフ・ウイドウ
とは、夫がゴルフで年中家を空けるため、夫人がまるで未亡人のような存在になってしまうこと(参考文献1)。

ゴルフはスポーツの中でも一番やめる人が少ないもの、といわれています。例えばジョギングやランニング、筋力トレーニングといったスポーツは、きついので途中で止めてしまう人も多いでしょう。

(さらに…)

コックとは、ゴルフ

○コック
とは、バックスイングで手首を親指方向に折る動作のこと。

手首のコックとか、リストコックと呼ばれることが多いです。これはゴルフスイングを完成させる上でとても重要な要素です。

(さらに…)

携帯品とは、合意の反則、誤球など

○携帯品
とは、インプレーのボールを除く、プレーヤーまたはそのキャディーが使用、着用、携帯するものすべてをいう。カートもこれに含まれる。

クラブ、キャディバッグ、レインウェア、タオル、グローブ、傘など。(参考文献1)

(さらに…)

クローズド・スタンスとは、クロスハンドグリップなど

グロススコア

とは、実際に打った総ストローク数。アマチュアの競技は、グロス・スコアからハンディキャップを引いたネットスコアで競われるが、プロの競技は当然ハンディキャップはなく、グロスの勝負となる。(参考文献1)

例えばあるコースを80打で回れば、グロススコアは80です。ハンディが5なら、ネットスコアは75です。

(さらに…)

グリーンフィーとは、グリーンフォーク、クロスウィンドなど

グリーンバンカー

ガードバンカーと同じ。

グリーン・フィ

コースの使用料。ビジター・フィーとメンバー・フィーに分けられる。プレーにかかる費用の大半を占める(参考文献1)。

(さらに…)

クリークとは、グリップ、グリーンなど

クリーク

とは、コース内を流れる小川。また、5番ウッドの別名(参考文献1)。

小川はグリーン前に配置されていることが多いです。そこで、手前に刻むか、強気に越えていくかの判断が問われます。

(さらに…)

クォータースイングとは、クラブフェース、クラブレングスなど

クォータースイング

とは、フルスイングを10として、その1/4程度のコントロールショットを指す。

しかし一般には、スリークォータースイング、つまり3/4ほどバックスイングをしたショットを指すことが多い(以上、参考文献1)。

(さらに…)

キャリーとは、救済など

キャリー

とは、ショットしたボールが地上に落下するまでの距離。落下してから止まるまでの距離をランといい、トータルの飛距離はキャリーとランを合計して計測される(参考文献1)。

これもコース戦略で重要な言葉です。例えばパー3の池越えのホールだとしましょう。カップまで130ヤードです。

(さらに…)
ページ1 / 212