ホームへ

サ行

スポンサード リンク

セオリーとは(ゴルフスイングで頭を動かさないことについて)

セオリー

とは、学問的に認められた理論。学説をいう場合と、実際に行われている行為などに対し、理論的な考え方と対照させて使われることがある。
たとえば”ゴルフスイング中は頭を動かすな”というセオリーも、正確に頭をとめておくわけではなく、頭が動くことによってスイング軸がブレてしまうことが多いため、これを戒めるために使われる表現。
(さらに…)

スプーンとは、スライスと矯正法など

スプーン

とは、3番ウッドの別名。2番ウッド(ブラッシー)を使うプレイヤーは少ないので、普通はドライバーの次に飛ぶのがスプーンです。

パー5のセカンドショットで使うことが多いですが、フェアウェーが狭いホールや、風が強い場合などに正確性を重視して、ティーショットでスプーンを使うこともあります。

(さらに…)

ストロークとは、スパイク、スピンなど

ストローク

とは、ボールを打つ意志をもってクラブを前方へ動かすこと。空振りでも打つ意志があれば、ストロークとみなされる。(参考文献1)

打つつもりがない素振りなどはストロークに当たりません。ワッグル(打つ前に体をリラックスさせるためにクラブを少し動かしたりすること)もそうです。

(さらに…)

スティッフとは、スティンプメーター、ステディ

スティッフ

元来は「堅い、硬直した、こわばった」という意味。シャフトの硬さを示す。
一般的な男性用でレギュラー(R)、それより硬いのがスティッフ(S)。さらに硬いのはエックス(X)、さらに上にはダブルXなどがある。ハードヒッター向けのシャフトといえる。
(さらに…)

スクエアスイングとは、スクエアスタンス、スコアリングラインなど

スクエア・スイング

体の回転に沿ってクラブフェイスがインサイド・インに動くようなスイング。ボールにサイドスピンがかかりにくく、ストレートボールを打ちやすいスイング。(参考文献1)

一番オーソドックスなスイングといえます。スイング軌道で分類すると、スイングにはインサイドイン、アウトサイドイン、インサイドアウトの3つがあります。

(さらに…)

スイングプレーンとは、スエーなど

スイングアーク

とは、スイング中にクラブ・ヘッドが描く円弧。スイングアークが大きいほどヘッド・スピードがアップし、飛距離が出る。(参考文献1)

スイングアークが大きいほど、飛距離を出せます。遠心力が増すからです。

(さらに…)

スイングとは

スイング

とは、ボールを打つ動作。アドレス→バック・スイング→トップ・スイング→ダウン・スイング→インパクト→フォロー・スルー→フィニッシュというのがゴルフスイングの流れ(参考文献1)。

ゴルフのスイングほど、見た目よりずっと難しい物もないかもしれません。私も、ゴルフを始めるまでは、野球と違って止まっているボールを打つのだから、何が難しいんだと高をくくっていました。

(さらに…)

シングルプレイヤーとは、スイートスポット、スイープ

ショートゲーム

とは、グリーン周り(主として100ヤード以内)からのアプローチのこと。(参考文献1)

例えば男子ゴルフの藤田寛之はショートゲームの上手さに定評があります。

(さらに…)

ショートとは、ショートアイアンなど

ショート

とは、グリーンをねらったボールが飛距離が足りずに手前に落ちること。またはパットしたボールが、カップの手前で止まってしまう場合をいう。(参考文献1)

ショットでのショートの場合、狙ったところよりも手前に落ちるわけですから、ピンまで距離が残ったり、バンカーや池などに入ったりすることもあります。

(さらに…)

シャンクとは、重大な反則、ジュニアゴルファー

シャンク

インパクトでクラブ・フェイスのネック寄りの部分にボールが当たること。シャンクしたボールは急激に右方向に飛び出す。ソケットともいわれる。(参考文献1)

シャンクは一番困るといっても過言でない症状です。私も一時期これに悩まされたことがあります。

(さらに…)
ページ1 / 212