ホーム » ゴルフの知識 »

ストレッチポールを使ってみた感想・レビュー

ストレッチポールを使ってみた感想・レビュー


私は生まれつき体が固いようで、一生懸命毎日ストレッチをしていますがそれでもなかなか柔らかくなりません(泣)。少しずつは柔らかくなっていますが…。

スポーツをするには、体が柔らかいほうが怪我をしにくいとよく言われます。また、筋肉が硬直してしまうと、血流が悪くなるなどの理由で健康にもよくないと言われます。

スポンサーリンク

ゴルフではどうでしょうか。故障を防ぐという意味で体の柔軟性は必要でしょう。現にプロゴルファーもストレッチなどに励んでいます。

以前、片山晋呉プロが1日30分はストレッチに時間をかけると言っていました。プロは体のケアも念入りだな、と感心した覚えがあります。

特にゴルフは右打者の場合、右に捻って左に戻すという一方向だけの動きをします。そのため、腰などを痛めやすいです。

何もしないと体は硬くなる

ところで、体の柔軟性を保つには、体を適度に動かすことが大事です。筋肉は使わなくても固くなり、使いすぎても固くなってしまうのです。

そこで、こまめに体を動かすことが必要になるのです。

当サイトの正確不動法は、トップの位置が低いコンパクトなスイングなので、そんなに深い捻転は不要です。それでも、やはり体がある程度柔らかいほうが、スイングが自然に行えますのでスコアにもよいと思います。

スポンサード リンク

ストレッチローラーとは

ところで私は以前から、「ストレッチポール」とかストレッチローラーと呼ばれる運動器具に興味がありました。

これは軽い素材でできた筒のようなもので、背中などの筋肉を伸ばすのに効果的と聞いていました。スポーツジムでも置かれていて、評判がよいそうです。

ちなみに背中には広背筋や脊柱起立筋などの筋肉がありますが、人間は寝ている以外は立っています。すると背中の筋肉がこりやすいのです。

また、人間の頭の重さは4から5キログラムほどありますので、それを支える首や肩の筋肉(僧帽筋)などもこりやすいです。

こうした筋肉を効果的にリラックスさせるのに、このストレッチローラーは良さそうだと思ったのです。

健康という面で言えば、例えば鍼灸などのツボ(経穴)があります。背中の背骨沿いには、胃や肝臓などに影響する重要なツボが並んでいます。

そのため、背中をほぐせれば健康にもよいと思います。

というわけで、ストレッチローラーを買ってみました。

楽天市場で購入

ストレッチポールには高いものから安いものまでありますが、私はなるべく安いものが欲しかったので、楽天で探しました。

すると、送料込みで2000円ちょっとというお手頃なものがありましたので、早速購入しました。

たぶん、本家本元はストレッチポールという名で売られていますが、それと同種のものがストレッチローラーやヨガポールなどの名前で販売されているのだと思います。

私の買った「ヨガポール」は色は青でした。思ったよりも長く、太さもけっこうありました。長さはこれくらいないと上半身全部を乗せることができません。

ヨガポール 高価なEVA素材使用
↑楽天市場で購入できます

ちなみにストレッチローラーには半分に切ったかまぼこ状のハーフカットというものもあります。これは安定性がよく、太さも半分なので、軽いストレッチを望む場合にはハーフカットのほうが適しているかもしれません。

一方で、ハーフカットのものは私の買った円柱状のもののように、左右にゆらゆら揺らすという動作はできません。

というわけで基本的には円柱状のものでよいとおもいます。

固さもちょうどよかったです。

効果と感想

さて、この商品にはストレッチの実例が書かれている紙がついていました。これをやるだけでも十分だと思います。

具体的にはローラーの上に横たわり、ローラーを左右に揺らしたり、腕をいろいろな方向に動かしたりしています。

私は肩甲骨の間のあたりもかなり凝っていますので、ここが緩んでとてもリラックスできます。

他にも、首の後ろのあたりから腰のあたりまで、かなりほぐすことができると感じています。

腕などを動かすのが面倒くさいなら、ローラーに乗ってゆらゆらしているだけでもストレッチになると思います。

私は上半身主体の動作をしていますが、全部が終わるにに5分もかからないでしょう。

もちろん、本などで勉強されてストレッチをされているなら、ストレッチローラーが必需品というわけではありません。

ただ、ローラーを使えば乗っているだけでかなりコリがほぐせると感じますので、上半身の背中側を特にほぐしたい方にはおすすめだと思います。

ちなみに私の買ったものはかなり頑丈にできているようなので、私が死ぬまで使えそうです(笑)。
「ストレッチポール」一覧(楽天)

なお、ポールを使ったストレッチには他にもいろいろ種目があるそうです。

例えば↑の本はストレッチポールを詳しく解説しているそうです(私は未読)。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)