ホーム » ゴルフの知識 »

スイングとは

スイングとは


スポンサード リンク

スイング

とは、ボールを打つ動作。アドレス→バック・スイング→トップ・スイング→ダウン・スイング→インパクト→フォロー・スルー→フィニッシュというのがゴルフスイングの流れ(参考文献1)。

ゴルフのスイングほど、見た目よりずっと難しい物もないかもしれません。私も、ゴルフを始めるまでは、野球と違って止まっているボールを打つのだから、何が難しいんだと高をくくっていました。

スポンサーリンク

ところが…練習場で球を打ち始めてみたら、まったくまっすぐ飛ばないのです。出るのはスライスばかり、ドライバーなどどスライスばかりです。

また、トップやダフリも連発し、世の中のゴルファーがスイング作りに苦闘しているわけがやっとわかったものです。

さて、ゴルフスイングの各段階を解説してみます。まずはアドレス。これは、ボールを打ちたい方向を決めて、スタンスを取り、クラブを構えることです。

次にバックスイングです。右打者の場合、自分から見て右方向にクラブを上げていく動作です。

ちなみに石川遼選手がタイガー・ウッズを参考にして、バックスイングでフェースをオープンにして上げるというスイング改造を行なっていましたが、石川には合わなかったようで、元に戻しました。

普通のスイングでは、手首にひねりを加えずに、そのままクラブを上げていくのですが、最近のウッズはさらにクラブを右に回すように手首をひねっているのだと思います。

ウッズの意図はわかりませんが、こうした動作はスイングを複雑にしてしまいます。そのため、少なくともアマチュアには向いていないと思います。

石川遼もまだまだ若いですから、いろんなスイング改造に挑戦するのもよいと思います。自分に合うスイングがわかるからです。

トップスイング

次にトップスイングです。バックスイングの終わるところです。ドライバーの場合、クラブシャフトが地面と並行になるまで上げるのがセオリーです。

ただ、体が硬い人の場合(私もそうですが)、平行になるまで上げていくのは難しいですし、無理に上げようとすると、オーバースイングの原因にもなります

というわけで、スイングのトップの位置は、無理なく上がるところまででよいでしょう。

ちなみに最近のゴルフ理論では、アイアンはスリークォーターまでの大きさでよいと言われることが多いです。

また、当サイトの正確不動法では、トップの位置はハーフスイングを原則としています。かなりコンパクトですが、球が曲がりにくい正確なショットを打てます。

ダウンスイングは、クラブを振り下ろす動作です。このときに、手で振りおろしてしまうと「手打ち」になります。

手打ちを推奨するレッスン書もありますから、必ずしも手打ちが悪いとは思いません。しかし、スコアアップを目指すなら、やはりボディターンスイングがよいと思います。

ボディーターンスイングでは、左足を踏み込むことでダウンスイングを開始します。ちなみにレッスン書には、ダウンスイングの分解写真とともに、「この時点ではまだシャフトの角度がうんぬん」というような説明がされています。

これはその通りなのですが、これはスイング中の動きを理論で納得させるための記述です。実際にはダウンスイング以降の体やクラブの動きは自動的に行われるので、意識的に操作する必要はまずありません。

その後、クラブフェースがボールを叩くことがインパクトです。インパクトの時にフェースが開いていればスライス(曲がりが小さければフェード)、閉じていればフック(あるいはドロー)が出ます。

インパクトの後、スイングの勢いでクラブが自然に左側に上がっていくのがフォロースルーです。

その後、動作が止まった所がフィニッシュ、スイングの終わりです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)