ホーム » ゴルフの知識 »

10年全英での宮里藍のメンタルの持ち方、石川遼の0番アイアン

10年全英での宮里藍のメンタルの持ち方、石川遼の0番アイアン


スポンサード リンク

(日本経済新聞10/7/30から引用)(中略。全英リコー女子オープン選手権初日で)厳しい自然が相手のリンクスコースで、心を乱しては命取り。メジャー初制覇を狙う宮里藍は、改めて、その基本をかみしめた。
冷たい海風が吹き荒れる1番ティーに、世界ランク2位は大きな黒い耳あてをして現れた。

スポンサーリンク

前日の練習では外国勢に笑われた寒さ対策の耳当てには、天候も、周囲も気にせず、勝負に徹する心がにじんでいた。
(中略)9番。風に加えて、雨脚が強まり、寒さが指先の感覚を奪う。「ベストと思った」という約2メートルのパーパットがカップにけられると、気持ちが揺れた。
続く10番で連続ボギー。「あまりに淡白なパットで、自分を許せない気持ちになってしまった」。さらに一つスコアを崩した。
(中略。だが)「メジャーではボギーが出るのは当たり前」と、心で唱えて思考を切り替えると、パー5の17番では、ミスショットの第2打が2オンする幸運も生まれ、初のバーディーをもぎ取った。

10年全英女子オープンについての記事です。悪天候のコンディションの中で、プロゴルファーはどんな気持ちで戦っているのかを知ることのできた記事でした。

長い苦闘

宮里藍はアメリカLPGAツアーに参戦後、長い苦闘を経て勝利を重ねられるようになりました。彼女にとって一番欲しいのはメジャー優勝でしょう。

しかし、舞台はリンクスで、風が強いです。おまけにこの日は強風で、気温も冷たかったのです。

宮里藍は沖縄育ちなので、なおさら寒さ対策が必要だったのかもしれません。彼女が耳当てをしてプレーしている姿は私もテレビで見ました。

他のプレイヤーがその姿を笑ったようですが、別に気にする必要はありません。藍ちゃんはメンタルコーチに師事しており、それが勝利につながっているように思います。

ただ、あまりにタフなコンディションだったようです。雨も降ってきたのです。雨が降ると、寒さで手足の血行も悪くなります。微妙なタッチが求められるパッティングには、大きく影響するはずです。

2メートルのパットもパーパットでしたから、外してしまうとボギーになり、スコアが落ちます。バーディーパットをけられたのとはやはり心理的に違います。

しかし、思考を切り替えたところ、幸運もあってバーディを取ることができました。ゴルフはミスがかならず出るスポーツですから、こうした切り替えはやはり重要なんですね。

ミスを引きずらず、その瞬間に集中することは、ゴルフ以外でも大事だと思います。難しいことですが。

ミスしたのにかえって2オンできたというのはすごいですね。

ちなみに、この大会の最終結果は、台湾のヤニ・ツェン選手が優勝し、宮里藍と上田桃子が9位に入りました。

上田桃子もアメリカで故障もあり、苦戦していますががんばってほしいです。

石川遼の0番アイアン

(同じく引用。ゴルフ・サン・クロレラクラシック初日で)連覇を狙う石川遼が、今月の欧州ツアー、スコットランド・オープンから導入した「0番アイアン」を国内ツアーで初披露。
ウッドより低い弾道で2番アイアンより距離が出る新たな武器を使い、左右に池がある難関の2番パー4で第一打をしっかりフェアウエーに運んだ。
パッティングの握りも、前週のクロスハンドから順手に戻してプレー。

続いて石川遼です。彼が最近使い始めた0番アイアンは、飛距離が250ヤード前後出るそうです。すごいですね。

ウッドより低弾道なので、風が強いときにティーショットなどで重宝しそうです。

左右に池があるというのは難易度が高いですね。少しでも曲げたら池に入れてしまいますが、かといって緊張してしまうと余計にショットが曲ってしまうこともあります。

その点、石川はみごとにフェアウェーキープしたようです。アイアンは溝によってバックスピンがかかりやすいですから、0番アイアンを使いこなせれば曲がりにくく、強力な武器になりそうです。

パッティングでのグリップも変えたそうです。プロでも握り方は、調子がわるいと頻繁に変えることもあります。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)