ホーム » ゴルフの知識 »

スクエアスイングとは、スクエアスタンス、スコアリングラインなど

スクエアスイングとは、スクエアスタンス、スコアリングラインなど


スポンサード リンク

スクエア・スイング

体の回転に沿ってクラブフェイスがインサイド・インに動くようなスイング。ボールにサイドスピンがかかりにくく、ストレートボールを打ちやすいスイング。(参考文献1)

一番オーソドックスなスイングといえます。スイング軌道で分類すると、スイングにはインサイドイン、アウトサイドイン、インサイドアウトの3つがあります。

スポンサーリンク

自分のスイング軌道がどれなのかを確かめるには、ボールの打ち出し方向(ショットをしてボールが飛び出す方向)を見れば一目瞭然です。

飛球線にそってまっすぐボールが飛び出せばインサイドイン、飛球線より右方向に飛び出せばインサイドアウトです。飛球線より左方向に飛び出せばアウトサイドインです。

一般にはインサイドインはストレートボールを、インサイドアウトはドローボールを、アウトサイドインはフェードボールを打つためのゴルフスイングです。

打ち出し方向はスイング軌道で変わりますが、その後にボールがどちらに曲がるかはインパクト時のフェースの向きによって変わります。

インパクトでフェースがスクエア(フェースが開いたり閉じたりしていない状態)であれば、ストレートボールが出ます。フェースが開いていればボールが右に曲がるスライスになり、閉じていれば左に曲がるフックになります。

曲がり幅が小さければそれぞれフェード、ドローになります。

当サイトでもスタンスやグリップをスクエアにして、スイング軌道をインサイドインにすることをおすすめしています。その理由は、球が曲がりにくく正確なショットが打ちやすいということと、もう一つあります。

それは、アマチュアゴルファーが独学でゴルフスイング作りをするときでも、どこが悪いのかがよくわかるからです。

すべてをスクエアにしておけば、打ち出し方向が右になれば、「スイング軌道がインサイドアウトになっている。つまりバックスイングで内側に引きすぎているな」と自分で分析できます。

また、ショットが右に大きく曲がれば、「インパクトでフェースが大きく開いている。グリップに力が入りすぎているかもしれない」と考えることができます。

こうしたことから、アマチュアゴルファーの皆さんには、まずはグリップとスタンスをスクエアにして、スイング軌道もインサイドアウトにすることをおすすめします。

スクエアスタンス

両足のつま先を結ぶラインが飛球線と平行になるようなスタンス。基本的なスタンスの構え方です

ショットが曲がらなければ、飛球線に沿ってボールが飛ぶので、ターゲットを定めやすいです。

スタンスにはオープンとクローズドもあり、それぞれフェードとドローを打つためのものです。

ゴルフで正確なショットを打つには、正しいスタンスを取ることが不可欠です。

スコアリング・ライン

クラブフェイスにつけられた直線的な溝のこと。アイアンやウェッジのフェースについている溝のことです。

この溝が、インパクトのときにボールを押さえるので、バックスピンがかかります。すると、サイドスピン量を減らしてボールが曲がりにくくなります。

また、バックスピンによってボールが高く上がるのです。

この溝がきちんと働くように、アイアンのフェースを掃除することも大事です。

スタイミー

ボールとホールとを結ぶライン上に林などの障害物があること。

「あの木がスタイミーになっている」というように使います。つまり障害物です。

フェアウエー上に大きな木が一本立っているだけでも、効果的な障害物になります。

インテンショナルショットを打ってボールを自在に曲げられるプロなら、前方に木があってもよけることもできるでしょう。しかし、アマチュアなら木がじゃまにならないところに打っていくのがセオリーです。

スチール・シャフト

鉄製のクラブシャフト。最近はカーボンシャフトが主流です。カーボンのほうが軽いので振りぬきやすく、シャフトがしなるので飛距離が出る傾向にあります。

一方で、スチールシャフトにもメリットはあるのです。第一に、シャフトがしなりにくいので正確性(方向性と距離感)が増します。そのためにスチールシャフトを使っているプロも多いはずです。

第二に、体全体を使ったスイングが身につきます。クラブに重さがあるので、手打ちでは打ちにくいからです。

アマチュアゴルファーの9割は手打ちスイングだという説もあります。手打ちでは飛距離も正確性も落ちてしまうので、できれば直したいところです。

そこで、あえてスチールシャフトのクラブを使えば、この重いものを振るために、体全体を使ったボディターン・スイングになるというわけです。

例えばいつもはカーボンを使っているというプレイヤーでも、手打ちを矯正するために練習用にスチールシャフトのアイアンかウエッジを一本でも持っておけば、役に立つと思います。

これで素振りをしたり、球を打ったりするわけです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)