ホーム » ゴルフの知識 »

ダフとは、ダブルボギー

ダフとは、ダブルボギー


ダフ

とは、ボールの手前の地面をたたくこと。初心者に多いミスショット。ダフるともいう。

過去形は「ダフった」です。トップと並んで初心者に多いミスです。私などこれまでに何度ダフったか分かりません。

スポンサーリンク

ちなみに私がそうでしたが、初心者のときにはダフりとトップの両方が出ることがあります。これはズバリ言えば、スイングが不安定な証拠です。

正しいスイングでは、レベルブローでもダウンブローでも、まずボールにヒットしてから、フェースが地面に接触します。しかし、ダフリでは、まずフェースが地面にあたってから、ボールに当たります。

そのため、コースの芝でダフると、いわゆるざっくりとなり飛距離が落ちます。正確なショットも打てません。おまけに練習場のゴムマットでは特に、嫌な打感が手に伝わってきます。

というわけで、ダフリはぜひとも矯正したいものです。逆に言えば、ダフリやトップが減れば、それだけスウィングが上達したということです。

ダフリの原因は、第一にスエー(スウェー)があります。スエーとは、スイング中に体が左右に移動することです。例えば、バックスイングで自分から見て右方向に体が動くプレイヤーは多いです。

もちろんそれ自体が悪いのではありませんが、その後ダウンスイングで右に移動した体が左に戻りきらなければ、ボールの手前を叩くことになってしまいます。

スポンサード リンク

あおり打ちもダフリの原因

第二に、あおり打ち(すくい打ち)による体の傾きです。あおり打ちになると、自分から見て体が右に傾きます。そうすると、アドレスの時よりも右側にクラブが戻ってくるので、ダフリます。

他にも原因はあるかもしれませんが、主なものはこの2つです。

それではダフリを直すにはどうすればよいでしょうか。この原因を取り除けばよいのです。

当サイトの正確不動法では、尾骨の位置と角度をアドレス時の状態のまま動かさないことにしています。そうすると、体のスエーや、左右への傾きも矯正することができます。

例えばスエーをすると、尾骨の位置が左右に移動します。あおり打ちをすれば尾骨が右に傾きます。

そこで、尾骨をなるべく(理想はまったく)動かさないように意識するだけで、ダフリもトップも直せます。

現に、当サイトの読者の方から、正確不動法を行なってダフリやトップが激減しましたとうれしいメールを頂いております。

正確不動法を実践するつもりのない方でも、なるべく尾骨を動かさないようにするだけで、かなり効果があるはずです。

ダブルボギー

パーより2打多い打数でホールアウトすること。例えばパー4のホールで6打でカップインすれば、ダブルボギーです。ダボとも言います。

ゴルフは「パーおじさんとの戦い」と言われます。つまり他人との戦いではなく、パーやバーディを取らせまいとするコースとの戦いなのです。

そして、コースにはプレイヤーのスコアを落とさせるようにいろいろな罠が仕掛けてあります。それがバンカーやラフ、池、林などなのです。

そこで、プレイヤーもパー以上のスコアを出せるようにしなければいけません。正確なショットを打って、ハザードに入れないようにします。

といっても、私たちアマチュアゴルファーにとっては、パーを取るのもなかなか難しいものです。ミスショットをしてしまったり、難易度の高いホールではボギーを取ってしまうのは仕方のないことです。

それでも、なるべくダブルボギーは出さないようにしましょう。これはミスを減らせば可能なことです。

例えば、バーディーを取ろうと張り切ってドライバーをマン振りしたら、大きくスライスしてOBゾーンに行ってしまったという経験はありませんか? 私はたくさんあります(笑)。

そして、OBしてしまえば、それだけで2打の損になるのです。これではダブルボギーかそれより悪くなってしまうのです。

そこで、無理をせずにティーショットでコンパクトに振るとか、3番ウッドを使うというような安全策を採って、フェアウェイキープを心がけていくことをおすすめします。大きなミスを減らせれば、それだけでスコアはアップするはずです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)