ホーム » ゴルフの知識 »

バードングリップ(オーバーラッピンググリップ)とは

バードングリップ(オーバーラッピンググリップ)とは


スポンサード リンク

バードングリップ

オーバーラッピング・グリップの別名。往年の名手ハリー・バードンが考案したことから名付けられた名。

バードングリップは採用しているプレイヤーが一番多いグリップの方法です。オーバーラッピンググリップというのは、右手で左手を優しく包み込むようにするからです。

スポンサーリンク

なぜこうするのかといいますと、右手を使い過ぎて手打ちスイングになるのを防ぐ為です。つまり、左手主導のスイングにするためです。

たとえばゴルフをしたことのない人に、「このアイアンでボールを打ってごらん」といえば、おそらくベースボールグリップで、手打ちで打つ人がほとんどでしょう。

もちろんハンマー打法のモー・ノーマンのように、変則的なスイングで素晴らしいショットを放つ選手もいますが、それは例外です。

こうした手打ちのスイングですと、手を多く使うので、手の動かし方次第でショットの飛距離や方向性がばらついてしまいます。

ゴルフは正確な機械のように毎打、同じように打てないとスコアメイクはできません。たとえば打つたびにフックやプッシュスライスが出たらどうでしょうか?

そこで、ゴルフに上達するためには、機械のように正確なスイングをいつも行う必要があります。そのために考えだされたのが、手打ちでなく、体の捻転で打つというボディターンスイングです。

ボディーターンでは、手はなるべく使わないのが理想です。レッスン書でも手をどんどん使えというものは少数派です。

手は器用に動かせるだけに、力の入れ方や動かし方、動かすタイミングによってショットをいろいろと変えてしまうのです。

そこで、あえて器用な手を封印するために使われるのが、オーバーラッピングやインターロッキンググリップというわけです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)