ホーム » ゴルフの知識 »

アドレスでクラブヘッドをソールするか浮かせるか

アドレスでクラブヘッドをソールするか浮かせるか


スポンサード リンク

ゴルフのスイングでは、アドレスの際にクラブヘッドを地面につける(ソールする)プレイヤーと、少し浮かせて構えるプレイヤーとがいます。

ソールするプレイヤーが多いといえます。浮かせて構えるゴルファーとしては、ジャック・ニクラウス、グレグ・ノーマン、藤田寛之などがいます。

スポンサーリンク

私の場合、グレグ・ノーマンの「ゴルフ100マジック」を読んで、浮かせて構えていた時期もありました。

ただ、その後はソールして構えるようにしています。

それぞれのメリットなど

問題はどちらがよいかです。まず、浮かせる場合のメリットなどを考えてみましょう。メリットとしては第一に、バックスイングの始動がスムーズだということがあります。

ソールしている場合、クラブを動かし始めるためにクラブを浮かせる必要があります。その際に少しですが腕やグリップに力が入ります。

その点、最初から浮かしていれば力が入ることはありません。

第二に、例えばラフで草の上にボールが乗っているとき、下手にソールするとボールを動かしかねません。その点、浮かしていればその心配はありません。

バンカーショットでも、バンカーでソールするとペナルティになってしまいますから、いつも浮かせて構えているゴルファーのほうがその心配はなさそうです。

一方で浮かせてアドレスする方法のデメリットですが、スイングの始動でクラブを動かし始めるときに力が入らないというメリットの一方で、浮かせて構えている間には力が入ります。

スイングの調子がよくて、構えたらすぐに打つのならよいですが、調子が悪くてアドレスに入ってからの時間が長いと、逆にグリップなどに力が入ってしまうかもしれません。

また、浮かせて構えるということは、厳密に言えばクラブフェースの位置がベストのところよりも浮かせる分だけ少し上にずれてしまうかもしれません。

まあ、この点は浮かせるといっても数ミリですから、あまり問題ないとは思います。

結論

さて、それではソールするのと浮かせるのとどちらがよいのでしょうか。結論から申せば、どちらでもそんなに変わらないと思います。一長一短だからです。

ただ、アマチュアゴルファー一般について言えば、構えたらさっと打つ選手は少ないと思います。どうしてもアドレスに入ってからもいろいろ考えたり、緊張したりするからです。

そうなると、浮かせて構える方法では、構えている間に余計な力がグリップや肩などに入ってしまうかもしれません。

というわけで、私の考えとしては、基本はソールして構えますが、ラフやバンカーでは浮かせて構えるというのがよいかな、と思います。

前述のように一長一短ですから、お好みの方を選べば良いです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)