ホーム » ゴルフの知識 »

クラブ選びは飛距離より正確性重視で

クラブ選びは飛距離より正確性重視で


ゴルフは道具であるクラブも、スコアアップのために重要な要素です。

ゴルフというスポーツの特色のひとつは、道具の重要性が高いということです。例えば陸上の短距離走やマラソンでもシューズの性能は大事だそうですが、それ以外はアスリートの身体能力がじかに問われます。

スポンサーリンク

一方ゴルフは、アスリートの身体能力をクラブで補ったり、逆に殺してしまうスポーツです。そのため、プロや上級者はパットが不調になればパターを変えたり、ドライバーの重心を変えるために鉛などを貼ったりします。

このようにクラブ選びも大事なゴルフですが、正確不動法ではどのようなクラブ選択をすればよいでしょうか。

正確性重視のゴルフクラブ選び

答えはずばり、「正確性重視」です。もちろん飛んでしかも曲がらないクラブがあればよいのですが、完全にそれを実現するクラブはありません。

それは、一流のプロゴルファーでも球を大きく曲げるという事実から明らかです。

また、そういう「飛んで、しかも全く曲がらない」クラブがもし開発されてしまったら、ゴルフは面白くなくなるでしょう。

スポンサード リンク

といっても、クラブメーカーの努力によって、なるべく飛んでなるべく曲がらないクラブはいろいろ販売されています。

ただ、私はあまりクラブにこだわりがなく、最新のギア事情にも詳しくないので、ここでは正確不動法ではどのようなクラブを使えばよいかを書いてみます。

まず、ロフトはなるべく寝ているもの=ロフト角が大きめのものを選びます。最近はロフトの立った=飛距離の出るストロング・ロフトのクラブが多いです。

ストロングロフトのクラブを使えば、同じ番手でも10から20ヤードほどは遠くに飛ばせるはずです。ただし、正確不動法は正確性が第一です。

ロフトが立っている=ロフトが小さいということは、理論上は球が曲がりやすくなります。

そこで、ストロングロフトのクラブでもボールが曲がらないというならそれがベストですが、ボールが曲がってしまうのなら、そのクラブは止めてストロングロフトでないクラブを選びましょう。

そのクラブで球が曲がるかどうかは試打をすれば分かるはずです。

シャフト

続いて、クラブのシャフトです。シャフトにはスチールとカーボンの2種類があり、現在ではアマチュアゴルファーはカーボンを使う人が多いです。

カーボンシャフトのメリット(長所)は、
・軽いので振りぬきやすい
・シャフトのしなりが大きいので、飛距離を出せる
です。

一方デメリット(短所)は、
・軽い分手だけでも振り回せるので、手打ちを助長してしまうおそれがある
・しなりが大きいので、方向性に劣る
です。

スチールシャフトのメリットは、
・シャフトのしなりが小さいので、正確性(方向性、距離感)優れている
・シャフトが重めなので、手打ちはしづらい

デメリットは、
・シャフトのしなりが小さく、飛距離が出ない

以上のようになります。このように見ますと、カーボンとスチールそれぞれ一長一短といえます。

スチールシャフトが良いと思う

アマチュアゴルファーはやはり飛距離を出せる飛ばし屋に憧れる方が多いので、その面ではカーボンシャフトの方が有利です。

しかし、方向性を最優先する正確不動法からしますと、スチールシャフトが有利といえます。

それでは結論はと申しますと、スチールのフレックス(硬度)Rあたりがよいと思います。

ただ、正確不動法はそれ自体が正確性に優れたスイング(スウィング)なので、クラブによる球の曲がりはそんなに気にする必要はありません。

そのため、カーボンシャフトのRでもよいと思います。

ちなみにフレックスがRなのは、正確不動法はヘッドスピードがあまり速くありません=飛距離がやや劣るので、フレックスがSではシャフトが硬すぎるからです。

ただ、これは個人差があり、例えば正確不動法の応用であるスリークォータースイングを採用している場合には、ヘッドスピードが上がります。

その場合にはフレックスSの方がよいこともあります。

なお、手打ちでお困りの場合は、矯正するためにスチールシャフトのクラブを使ってみると、手打ちを直すのに役立つはずです。スチールシャフトは重いので、手だけで持ち上げるのが難しいからです。


キックポイント

次に、シャフトにはキックポイントというのがあり、先調子と元調子とがあります。

キックポイントとは、シャフトのしなる位置のことです。先調子ならシャフトの先(ヘッドに近いところ)でしなります。

元調子なら、シャフトの手元に近いところでしなります。その中間が中調子です。

一般には、先調子はインパクトでしなりが戻りやすいので、球が上がりやすくなり、つかまりやすくなります。逆に元調子は、低弾道の球が出やすくなります。

そして、ヘッドスピードの関係からは、先調子はヘッドスピードの遅いゴルファー向け、元調子は速い人向けといわれます。

おそらくその理由は、ヘッドスピードの速いハードヒッターでは、しなりが大きくなるため、しなりの小さな先調子ではヘッドが上と左を向いてしまうからだと思います。

ただし、スイングリズムの速さやボディーターンによるスイングかどうかなどによっても、どの調子がよいかは異なります。

私もキックポイントについてはあまり気にしていませんでしたが、このように考えてみると一概にどの調子が正確不動法に向いているとはいえないと思います。

ただ、正確不動法はスイングがコンパクトなため、ヘッドスピードはあまり出ません。その点からいいますと、先調子や中調子がよいでしょう。

もちろん、正確不動法でもヘッドスピードが出る方は、元調子も試してみられてはいかがでしょうか。

ただし、このキックポイントについては、あまり違いはないという話も聞きますので、気にする必要はないかもしれません。

フックフェース

ドライバーにはフックフェース(フェイス)になっているものがあります。

フックフェースとは、スライスを防止するためにわざとドライバーのフェースを閉じた形状にしたものです。

ドライバーはシャフトが長いので、その分シャフトのしなりが大きくなります。

そのため、インパクト時にしなりの分だけ、フェースが開いてしまいがちです。そうすると、スライスになってしまいます。

そこで、それを防ぐために、最初からフェースが閉じた形にしてあるのがフックフェースです。

フックフェースは避ける

私もフックフェースのドライバーを持っていますが、結論から申しますと、正確不動法ではフックフェースは不要です。

正確不動法は球の曲がりにくいゴルフスイング(スウィング)なので、ドライバーでも大きなスライスはまず出ません。

ドライバーでもストレートボールが打てますし、曲がりが出たとしても、せいぜい曲がりの少ないフェードかドローです。

ということは、わざわざフックフェースを使ってスライスを矯正する必要はないわけです。

むしろ、正確不動法はすべての番手でストレートボールを打つのが基本ですから、ドライバーだけフックフェースによってドローになってしまうのは不自然ですし、ターゲットを狙いにくくなります。

そういったわけで、正確不動法ではフックフェースは要りません。

もっとも、フックフェースだからといって大きな問題があるわけではなく、ドライバーのときだけドローを計算に入れてターゲットを取ればよいです。

デカヘッド

デカヘッドとは、特に定義はないようですが、ヘッドの体積が450ccというような大きなクラブヘッドのドライバーのことです。

デカヘッドのメリットは、スイートスポット(スイートエリア)が広いので、あまりスイングが安定しなくても安定したショットを打てる可能性が高くなる点にあります。

いわゆるクラブフェースの芯が広いので、芯を捕らえたショットを打ちやすいということです。

これは特に多くのアマチュアゴルファーにとっては大きな長所といえるでしょう。そのため、デカヘッドのドライバーを使うのもよいと思います。

ただし、私はデカヘッドがあまり好きではありません。あの大きすぎるヘッドがどうもしっくりこないのです。

というわけで、私は完全に好みの問題でデカヘッドは使わず、ヘッドの容積が300ccほどのドライバーを愛用しています。

正確不動法なら、安定したスイングをすることができます。そのために、あえて大きなヘッドのドライバーを使わなくても、スイートエリアで捉えたショットを安定して打つことができます。

長尺シャフト

次に、長尺のドライバーです。長尺ドライバーとは、一般に45インチを超えるような長さのシャフトを持つドライバーのことです。45インチが長尺に入るかどうかは私にはわかりません。

長尺ドライバーには、シャフトを長くしてシャフトのしなりと遠心力を増すことで、よりボールを飛ばそうという狙いがあります。

もちろんこれは理にはかなっていますが、シャフトが長くなることにはデメリットもあります。

第一に、自分とボールとの位置が離れるので、心理的にも物理的にも正確なショットを打つのが難しくなります。これは、9番アイアンよりも4番アイアンの方が難しいのと同じです。

第二に、シャフトのしなりが大きいということは、それだけ方向性が失われるということです。シャフトが大きくしなれば、例えばインパクトでヘッドが開き、スライスになってしまうのです。

これらのことから、少なくとも正確性を追求する正確不動法にとっては、長尺のドライバーはお勧めできません。

もちろんドライバーでなるべく遠くに飛ばしたいというお気持ちはよくわかります。しかし、それが果たして本当にスコアアップにつながるかどうかは慎重に考える必要があると思います。

どこに飛んでいくか分からない300ヤードのドライバーショットと、狙ったところにボールを置ける220ヤードのショットなら、私は後者のほうがスコアメイクに有利だと思うのです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)