ホーム » ゴルフの知識 »

スイング軌道とインパクト時のフェースの向きを分析する方法

スイング軌道とインパクト時のフェースの向きを分析する方法


スポンサード リンク

ボールの飛び方から自分のゴルフスイングを分析する方法をご紹介します。

球の飛び方は、次の2つの要素で決まります。
1 ゴルフスイングの軌道
2 フェース(フェイス)の向き

スポンサーリンク

そして、スイング軌道はボールが打ち出される方向に影響し、フェースの向きは打ち出された後のボールの曲がり方に影響します。

まず、インパクト後にボールがどの方向に打ち出されるかを考えてみます。これは3通りのパターンがあります。
1 飛球線に対して真っ直ぐ(野球でいえば、センター方向)
2 飛球線に対して右側(野球ではライト方向)
3 飛球線に対して左側(野球ではレフト方向)

1の場合、スイング軌道はインサイドインになっています。スイング軌道とは、インパクト直前-インパクト-インパクト直後にかけて、クラブヘッドが通る軌道をいいます。

また、2では軌道がインサイドアウト、3では軌道がアウトサイドインになっています。

つまり、インサイドインのスイングではインパクトの直前から直後にかけて、クラブヘッドが真っ直ぐセンター方向に向けて動いています。

これに対しインサイドアウトのスイングでは、ヘッドがインサイド(野球でいうと内角。体に近い方)からアウトサイド(外角。体から離れた方)に向けて動いています。

反対にアウトサイドインのスイングでは外角から内角に向けてヘッドが動いています。

そのため、インサイドアウトのスイングでは飛球線に対して右側にボールが打ち出されます。

また、アウトサイドインのスイングでは飛球線に対して左側にボールが打ち出されます。

要は、ボールはヘッドがインパクトゾーンを通ったとおりの方向に打ち出されるということです。


打ち出し方向

球の飛ぶ方向は、スイング軌道で決まります。そして、フェースがスクエアでインパクトを迎えた場合、球筋は次のようになります。

スイング軌道がインサイドインならストレートボールです。

アウトサイドインなら左にまっすぐ飛ぶ球で、プルとか引っ掛け(引っかけ、ひっかけ)と呼びます。インサイドアウトなら右にまっすぐ飛ぶ球で、プッシュアウトと呼びます。


ボールの打ち出し方向

↑左から、ひっかけ、ストレート、プッシュアウトです。


曲がる方向

次に、インパクト時のクラブフェースの向きによって、飛び出した後の球の曲がる方向が決まります。

フェースがスクエアのときは、上記の3つの球筋のいずれかになります。

フェースがオープン(開いた)なインパクトのときは、ボールは右に曲がります。フェースが少し開いていれば、ボールは少し曲がります。いわゆるフェードボールです。

フェースが大きく開いていると、球も大きく曲がります。いわゆるスライスです。

フェースが閉じている場合には、反対にボールは左に曲がり、少し曲がればドローボール、大きく曲がればフックボールになります。


球筋は9種類

ゴルフには上図に挙げた9通りの球筋しかありません。

上図を解説しますと、まず一番左の1が、左に飛び出して左に曲がるチーピンです。ちなみにチーピンという名前は麻雀の牌が名前の由来です。

チーピンはスイング軌道がアウトサイドインで、フェースがクローズのときに出ます。

その右の2が、上述の引っかけです。

3が、左に飛び出して右に曲がって戻るフェードボール(曲がりが強ければスライス)です。

次に4が、まっすぐ打ち出して左に曲がるドロー(曲がりが強ければフック)です。

5がストレートです。

6が、まっすぐ打ち出して右に曲がるフェードです。これも曲がりが大きければスライスです。

7が、右に打ち出して左に戻るドローです。曲がりが強ければフックなのは同じです。

8がプッシュアウトです。

9は、右に打ち出して右に曲がるプッシュスライスです。私も以前、このプッシュスライスに泣かされました。

どの軌道がよいか

さあ、それではどのゴルフスイング軌道がもっともよいのでしょうか。これはその人が打ちたい球筋によって決まります。

まず、ストレートボール(飛球線に対し真っ直ぐに飛び出して曲がらないボール)を打ちたいならば、インサイドインのスイングを目指すことになります。

インサイドインの軌道をつくる方法についてはバックスイングでのトップでの腕の角度をご覧下さい。

次に、ドローボール(まっすぐか右に打ち出し、最後に少し左に曲がるボール)を打ちたいなら、インサイドインかインサイドアウトのスイングを目指すことになります。

軌道がインサイドインならば、飛球線に対し真っ直ぐ飛び出して落ち際に左に少し曲がるドローボールになり、インサイドアウトならばやや右に打ち出して最後に左に曲がるドローになります。

正確不動法では後述のようにストレートを基本の持ち球としますが、もしドローヒッターを目指すなら、インサイドアウトの軌道で、落ち際に左に曲がるタイプのドローがよいと思います。

なぜかというと、ドローは少し左に曲がるボールなので、やや右に打ち出せば、左に曲げることで結果的にターゲットラインに対し真っ直ぐの地点に戻ってくるボールにできるからです。

この方が、ターゲットを定めやすいのです。

最後に、フェードボール(真っ直ぐか左に打ち出し、最後に少し右に曲がるボール)を打ちたいなら、インサイドインかアウトサイドインのスイングを目指すことになります。

フェードの球筋を目指す場合でも、上記のドローと同じく、アウトサイドインの軌道で左に打ち出してから右に戻すタイプのフェードをお勧めします。

正確不動法ではインサイドイン

ちなみに、このサイトの正確不動法で私のおすすめするのは、インサイドインです。インサイドインのスイングが完成すれば、ボールが飛球線に対してまっすぐに飛ぶようになります。

そうすれば、正確不動法では球が曲がりにくいので、持ち球がきれいなストレートになります。

ストレートはフェードボールよりも飛距離が出ますし、ターゲットに向かってまっすぐ飛ぶので、目標を定めやすいというメリットがあります。

そして、もしドローやフェードを打ちたいのなら、フェースはターゲット方向に向けたままスタンスをオープンやクローズにすることでインテンショナルに(わざと球を曲げて)打つことが可能だからです。

ただし正確不動法でおすすめしているのはシンプルかつスコアをアップさせるスイングです。そのため、軌道をインサイドインにしてドローを打ったり、アウトサイドインにしてフェードを打つといった複雑な方法はあえておすすめはしません。


スクエアでインサイドインがおすすめ

私はしっかりとしたスイングをつくるためには、グリップやスタンスを変えて応急処置的にスイングを直すのは良くないと思っています。

なぜなら、そうするとスイングのどこが悪いかがわからなくなってしまうからです。

そのために、正確不動法ではスタンスも常にスクエアにすることをおすすめしています。

そしてスクエアのスタンスからインサイドインの軌道を描くスイングをするのがもっともシンプルで正確だと思います。

特にレッスンを受けずに独学でスイングを完成させたいという多くのアマチュアゴルファーにとっては、グリップやスタンスを下手にいじらないことが重要です。

ボールの位置とスイング軌道

なお、ボールの位置もスイング軌道に影響を与えます。ボールの位置が左に行くほど軌道はアウトサイドインになり、右に行くほどインサイドアウトになります。

ただし、軌道を上手く修正できないからと頻繁にボールの位置を変えるのは、根本的な解決にはならないのでおすすめできません。この方法はラウンド時に応急的に使うだけにしましょう。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)