ホーム » ゴルフの知識 »

ロングアイアンも問題なく使いこなせる

ロングアイアンも問題なく使いこなせる


ロングアイアン、私は大好きです。私はドライバーやフェアウェイウッドよりもアイアンの方が好きなので、ロングアイアンを使いこなすゴルファーはかっこいいなと思います。

例えばタイガーウッズです。彼はロングアイアンでティーショットしたり、セカンドで2番アイアンを使ったりします。

スポンサーリンク

さて、ロングアイアンとは2番アイアンから4番アイアンまでのことを指します。石川遼選手は0番アイアンを使っていますが、1番や0番はアマチュアには難しすぎるでしょう。

このロングアイアン、難しいことで有名です。理由は、シャフトが長くてロフト角が小さいからです。そのため、まず正確にインパクトするのが難しく、また球が上がりにくいため、敬遠されるのです。

正確不動法なら使える

でも、正確不動法なら大丈夫! 正確不動法の考えでは、尾骨の位置と角度さえ動かなければ、長いクラブから短いクラブまで全部スイングは同じということになります。

ですから、ロングアイアンでも問題なく打てるようになります。ロングアイアンを使いこなす渋いゴルファーにあこがれる方、すぐにその仲間入りができます。

なお、最近はアイアンもクラブフェースが大きめのものが多く販売されています。クラブの進化によってスイートエリア(ナイスショットを打てるフェースの部分)が広がっていますので、ミート率も高くなります。これならさらにロングアイアンも使いやすくなったといえるでしょう。

ただ、無理をしてロングアイアンを使う必要はありません。フェアウェイウッドのほうが、少しくらいダフってもソールが滑ってくれるというメリットもあります。ただ、バックスピンを効かせて正確なショットを打ちたいのであれば、ロングアイアンが向いています。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)