ホーム » ゴルフの知識 »

クラブシャフトのフレックスと材質

クラブシャフトのフレックスと材質


ゴルフクラブのシャフトについてご説明します。

シャフトの材質はカーボンとスチールの2種類があり、それぞれ長所と短所があります。

スポンサーリンク

私のアイアンもスチールなのでまずはスチールの特徴から。スチールシャフトは重く、クラブの重さで振れるので、手打ちの是正に向いていると言われます。

また、シャフトのしなりが少ないため、正確性が高いです。他方で、シャフトのしなりが少ないために飛距離が出にくいです。

次はカーボンです。マンガ「プロゴルファー猿」で、「ブラックシャフト」として登場していましたね。

カーボンはスチールの逆と考えてよいでしょう。カーボンは軽いので振りやすい反面、手打ちになりやすいです。シャフトのしなりが多いので、飛距離が出ますが正確性が失われます。

私は最近のクラブに詳しくないので下記の参考URLを見たところ、スチールは軽量スチールが主流になっているそうです。方向性、正確性重視の正確不動法では、軽量スチールシャフトがおすすめといえそうです。

ただ、最後は好みの問題です。

シャフトのフレックス

最後に、シャフトの硬さ(フレックス。堅さ、固さ)について。正確不動法はヘッドスピードがあまり出ないので、平均的なゴルファーの場合、R(レギュラー)でよいと思います。

Sの方が、硬い分しならないので正確性は向上しますが、ヘッドスピードのあまり出ない正確不動法の場合はSでは硬すぎると思います。

もちろん、応用法のスリークォーター・スイングを採用する場合や、正確不動法でもヘッドスピードの出る方はSのほうがよい場合もあります。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)