ホーム » コラム »

タイガー・ウッズのコーチ、ハンク・ヘイニーが辞任

タイガー・ウッズのコーチ、ハンク・ヘイニーが辞任


(日本経済新聞10/5/12から引用、抜粋)

不倫スキャンダルから復帰した男子ゴルフのタイガー・ウッズ(米国)のスイング・コーチ、ハンク・ヘイニー氏が10日、ウッズのコーチを辞任すると発表した。

スポンサーリンク

同氏は声明の中で「私の決断」と、辞任は自身の意思によるものであることを強調した。
2004年からウッズを支えてきた同氏は「タイガーにはゴルフだけでなく、人生で平和と幸福を見つけてほしい」とコメントを寄せた。

(引用終わり)
ハンク・ヘイニーのいきなりの辞任で驚きました。

タイガー・ウッズは以前にそれまでのコーチ、ブッチ・ハーモンとの契約を解除し、親友のマーク・オメーラ(かわいい顔のちょっと太目のプロゴルファーです)から紹介されたヘイニーにコーチを頼んだのです。


↑私も読んだことがあります。スイングプレーンを重視したスイング理論で、文章は易しいですが内容は難しいところも。

ハンク・ヘイニーが自分の意思で辞めた、と語っているところをみると、何らかの事情でタイガーに愛想を尽かしたのかもしれません。

スポンサード リンク

故障に悩んだウッズ

タイガー・ウッズは左ひざの故障で悩んでいましたが、ヘイニーとともに左膝に負担の少ないスイング改造に取り組み、その後勝利を挙げていました。

タイガーに不倫スキャンダルはありましたが、ゴルフそのものはけっこう調子がよかったはずです。それなのにこのコンビが解消してしまうのは残念です。

ヘイニーの「ゴルフだけでなく」以下の声明を読むと、例のスキャンダルも響いているのかもしれません。

タイガーは今後、どうするのでしょうか。いくら彼が世界一のゴルファーとはいえ、ハンク・ヘイニーと契約する以前のように、コーチなしで自分のゴルフやスイングを作り上げるのは難しいでしょう。

しかし、今回のヘイニーの声明から察するに、ゴルフの問題ではない問題で二人の信頼関係が崩れてしまったのかもしれません。

そうすると、タイガー・ウッズが次のコーチを見つけるのはなかなか難しいかもしれません。

11/4/24追記:その後ウッズは新しいコーチの指導を受けて、スイング改造に取り組んでいます。11年のマスターズも優勝は逃しましたが、好調でした。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)