ホーム » コラム »

女子プロの飛距離の秘密

女子プロの飛距離の秘密


スポンサード リンク

近年、若手の台頭によって人気の高い女子プロゴルフですが、彼女たちは男性に比べると全体的に細身で身長も低く、筋肉量も少ないはずです。

ところが、250ヤードとか260ヤードなど、立派な飛距離を出します。もちろん女子プロも筋力トレーニングをしている人もいるでしょうが、前述のようなことを考えると、やはり男性に比べれば飛距離を出しづらいはずです。

スポンサーリンク

それなのに立派な飛距離を出しています。私はその理由の一つはやはりスイングにあると思います。体格のハンデをスイングでカバーしていると思うのです。

ゴルフとは面白いもので、筋力があるからといって飛距離を出せるわけではありません。まず大切なのはヘッドの芯でボールを捕らえること。こうすることでパワーを効率的にボールに伝えることができるだけでなく、ボールもあまり曲がらずに飛ばせるので飛距離が出るわけです。

また、ゴルフクラブはシャフトが長いので遠心力が生まれます。シャフトのしなりによるエネルギーもあります。

こうしたエネルギーを効率的に使えるスイングをすることで、女子が男子顔負けの飛距離を出しているのではないでしょうか。

スイング改造だけでも飛距離を伸ばせる

そしてこのことは、アマチュアゴルファーに次のことを教えてくれています。「アマチュアでもスイングを変えるだけで飛距離を出せる」と。

体を鍛えて筋力をアップするのは多くのアマチュアゴルファーには現実的ではありません。しかしそうしたトレーニングをしなくても、効率的なスイングをマスターできれば、それだけで飛距離をアップできる可能性があります。

そして、当サイトでおすすめしている「正確不動法」は、まさにヘッドの芯でボールを捕らえるための方法です。コンパクトなスイングをするので飛距離の大幅アップは望めませんが、ある程度の飛距離を安定して出せるようになる方法です。

また、正確不動法ではショットが曲がりにくくなり、結果としてスコアが伸びます。効率的なスイング、効率的なスコアメイクのできる方法だと自負しています。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)