ホーム » コラム »

タイガー・ウッズのスキャンダル

タイガー・ウッズのスキャンダル


スポンサード リンク

世界ランキング一位のプロゴルファー、タイガー・ウッズの女性問題というスキャンダルが、2009年に話題になりました。

そして2010/2/20の読売新聞では、タイガーが数人の記者の前で謝罪会見をしたことを報じています。質問は受け付けなかったので、マスコミにはボイコットの動きもあったそうです。

スポンサーリンク

私はプロゴルファーで誰が好きかと聞かれれば、やはりタイガー・ウッズと答えます。タイガーはゴルフのイメージを一新しました。

タイガー・ウッズが登場する前は、ゴルフといえばおじさんのスポーツというイメージでした。ウッズも子供の頃はゴルフをしているというとクラスメイトにからかわれたそうです。

しかし、父のアール・ウッズさんの厳しい指導の下で、幼少の頃からゴルフを始めたタイガーは、元祖アスリート・ゴルファーとして華々しくデビューしました。

プロゴルフを変えた男

そして、タイガーの引き締まった肉体から放たれる力強いショットは、ゴルフとは体を鍛えたアスリート(運動選手)こそが勝てるスポーツなのだというようにゴルフのイメージを変えました。

また、大学で勉強もしっかりして、教育などの慈善活動にも積極的に関わるタイガーは、いわばスポーツマンとしての模範のように扱われるようになりました。

私も、ゴルファーとしてだけでなく、人格の面でも素晴らしいタイガーに好感を持っていました。

しかし、有名企業とスポンサー契約を結んで超高額な収入を得ていたタイガー・ウッズには、それだけのプレッシャーがつねにのしかかっていたことでしょう。

また、私のような平凡な人間には想像もできませんが、一挙手一投足をマスコミにいつも見られているという生活は、息の抜けないものだったに違いありません。

タイガー・ウッズが奥さん以外の女性と関係を持ったというのはウッズ自身が認めました。

私が思うに、これが一般人の話であれば、それは完全にプライベートな話です。

ただ、世界一有名なスポーツ選手ともいえるタイガー・ウッズの場合は、それまで高額なスポンサー料を得てきたこともあり、プライベートな話で済まなくなってしまいました。

スポンサーはタイガーのイメージに多額のお金を払っているので、こうしたスキャンダルは契約違反になってしまうかもしれません。実際、スポンサーを降りた企業もありました。

あくまでもスポーツに優れているだけ

私はいつも、スポーツ選手に高い人格を期待しないようにしています。なぜなら、スポーツ選手はあくまでもスポーツに秀でた人間であって、その人格は関係ないからです。

もちろんスポーツ選手は例えばスポーツに夢を抱く少年少女にとってあこがれですから、それにふさわしい人格を備えていれば理想です。

しかし、スポーツというのは成績によって優劣がつけられるものですから、それ以上に選手に人格を求めるのは無理だろうと思うのです。

ただ、タイガー・ウッズの場合は前述のように学問も修め、慈善活動にも積極的でした。私もいつしかタイガーには高い人格を期待していました。

そしてスポンサー企業や世界中の多くの人がタイガーに高い人格を期待し続けた中で発覚したスキャンダルだっただけに、その落差が多くの人の失望を生み、マスコミの格好のターゲットになってしまったのでしょう。


○強いプレッシャーがあったのか

思えば父のアール・ウッズさんが死去されてから、タイガーは試合中にミスショットをするとクラブで地面を叩くことが多くなりました。

アールさんは日ごろからタイガーに、クラブで地面を叩くことを叱っていたそうです。

スーパースターの宿命とはいえ、常に世間の目にさらされ、常に勝つことを要求される。スポンサーには契約で模範的な行動を求められたでしょうし、左ひざの故障によってスイングの改造を余儀なくされていました。

そういった環境の中で、自分を見守り、時には叱ってくれたアールさんがいなくなってしまったタイガーは、心が疲れてしまったのかもしれません。

今回の醜聞の行方がどうなるかは分かりませんが、タイガーも試合に出たいようです。願わくば、妻のエリンさんとお子さんともう一度きずなを取り戻して、よき家庭人として、また世界一のゴルファーとして再びコースに雄姿を現して欲しいと私は思っています。

追記:その後タイガーはエリンさんと離婚してしまいました。ただ、タイガーも新しいコーチのもとで再起を図っているようです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)