ホーム » コラム »

テンフィンガーグリップとは、テンプラ、特設ティー

テンフィンガーグリップとは、テンプラ、特設ティー


スポンサード リンク

テンフィンガー・グリップ

とは、10本の指全てでグリップを握るやり方。ベースボールグリップとも呼ばれます。野球のバットを握るのと同じグリップだからです。

最強のアマチュアゴルファーと言われているハンマー打法のモー・ノーマンがこの握り方でした。それなのに飛距離が出て正確さも抜群だったそうですから、世の中わかりません。

スポンサーリンク

それは例外で、一般にはベースボールグリップの人はほとんどいないと思います。やはり野球はボールに当てることが重要で、あとはタイミングで引っ張ったり流したりということになると思います。

一方、ゴルフはボールが止まっていますから、ボールに当てたあとに、どういう球筋で球を飛ばすかが重要となります。

このときに、右手を使い過ぎてしまうと、手の使い方しだいで球の飛ぶ方向や曲がり方、飛距離が変わってしまいます。これではスコアアップできません。

そこで、昔のゴルファーであるハリー・バードンが考えたのが、オーバーラッピンググリップなのです。

オーバーラッピングは、右手の力を殺すためのグリップです。右手を使いすぎることでショットが不正確になるのを防いでいるのです。いわゆる左手主導のスイングです。

あの石川遼でさえ、右手を使いすぎる、具体的にはリストターンを使うスイングになってしまうそうですから、なかなか難しいものです。

それでも、やはり手を使い過ぎないために、オーバーラッピングかインターロッキンググリップを使うのがよいです。

もちろん、練習を積めばベースボール・グリップでモー・ノーマンのようになれるかもしれませんが…。

テンプラ

クラブヘッドの上部にボールが当たり、前方に高く上がりすぎるミスショット。(参考文献1)

「すぐ上がる(揚がる)」から天ぷらというわけです。ろくに飛距離がでませんから、完全にミスショットです。

私も何度かこれを出してしまったことがあり、恥ずかしかったです。今考えてみれば、そういう経験も大事ではあったのですが。

原因は単純で、ティーショットでティーアップの位置が高すぎるために、ボールの下をヘッドの上部がたたいているからです。

というわけで直し方としては、ティーアップの高さを思い切って低くするのがよいです。こうすれば、必ず撲滅できます。

プロ選手やツアープロコーチの書いたレッスン書では、ティーアップの高さはドライバーのヘッド最上部からボールが半分出ている高さというように書かれていることが多いですが、たいていは高すぎます。

それよりも、低いティーアップからだんだんと試していって、自分にあった高さを見つけたほうがよいです。練習場にもゴム製のティーが高さごとにいくつか用意してあるはずです。

レッスン書に書いてあることは高度すぎることが多いと私は感じています。練習に打ち込めるプロでないと難しすぎるのではないかと思うことはよくあります。

特設ティー

プレーの進行を早めるために、特別に設けられたティ・グラウンド。池越えや谷越えのティーショットがOBやロストボールになった場合、池や谷の向こうから次打を打てるように設けられているケースが多い。

たとえば通常のティーグラウンドからドライバーで打ったら、OBゾーンのほうにボールが飛んでいったとします。

そうすると、普通は暫定球を打った上でボールを探しに行き、ボールがOBゾーン外にあればそのボールでプレー続行します。OBになっていたり、球が見つからなければペナルティを付けた上で暫定球でプレーします。

しかし、これでは時間がかかります。暫定球でもOBを何度も打ってしまうことはあるでしょう。大丈夫、私もこういう経験はたくさんあります。

まあ、コース管理者としては、1つの組でこうして時間がかかってしまうと、スロープレーの原因になってしまいます。

そこで、OBゾーンに飛んでいったような場合、暫定球は打たずに、前方の特設ティーに行ってそこからティーショットを打ち、これを4打目とすると決まっているコースもあります。これが「前進4打」というものです。

このほうが、コース側としてはスピーディーにプレーが進むのでありがたいのです。こうしたコースでプレーする場合、これに従うしかありません。

ただ、前進4打はあくまでもローカルルールで、正式なルールではありません。また、プレイヤーを甘やかして結局はためにならないという意見もあります。

なぜなら、普通のルールでは、OBをくり返すごとにペナルティが付加されます。たとえば1打目をOBして次は3打目です。これもOBすると次は5打目になってしまいます。

一方、前進4打ルールがあれば、本当なら2回OBしたはずのところでも、2回目のティーショットを打たずに前進して4打目を打つことができます。

そこで、こんなルールがあっては、何度もOBして大きくスコアを落とすという緊張感がなくなり、プレイヤーのためにならないというわけです。これは私も納得できます。

ただ、特に以前はゴルフがとても盛んだったので、お客さんも多かったです。それなのにルールを厳密に適用すると、OBを連発してしまうプレイヤーを待つ組がたくさんできてしまうということになったでしょう。

そういうわけで、前進4打は苦肉の策で仕方ないとも思います。ただ、プレイヤーも前進4打があるので曲げてもいいや、と思わず、「前進4打ルールがあるなら難しいホールなんだ。ここでフェアウェイキープ出来れば上手くなれる」と思って、しっかり打っていくのがよいでしょう。

ちなみに石川遼が2連続OBをしたことがあります。アマチュアゴルファーならなおさら、OBをしてしまうのも仕方のないことです。

しかしその悔しさをばねにすると、さらにステップアップできると思います。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)