ホーム » コラム »

ゴルフはここが面白い 奥深さやゲーム性の高さなど

ゴルフはここが面白い 奥深さやゲーム性の高さなど


スポンサード リンク

ゴルフは面白いですね! 他のスポーツにはない楽しさがあります。

まず、球を打ったときに芯を食ったときのあの手応えの良さがやみつきになります。反対に芯(スイートスポット)を外したり、特にゴルフ練習場のゴムマットでダフったりすると、嫌な衝撃が手に伝わってきます。

スポンサーリンク

初心者の方は、最初のうちはダフリが多かったりしててのひらにマメができてしまうことも多いと思いますが、あきらめずに練習していると、心地よく打てる割合が必ず増えてきます。

この打感を味わうだけでも楽しいですから、私は打ちっぱなしでボールを打っているだけでも満足できます。

また、青空の下でショットを放つのもとても気持ちがいいものです。私達現代人は仕事やプライベートでパソコンを使うことも多く、自然の中で活動する機会が少なくなっています。

そのため、広々としたところでゴルフをするのはとても開放感があり、ストレス解消にもなると思います。

ゴルフではカートを使わないで歩くと、1ラウンドで8から9キロメートルほど歩くことになるそうです。運動不足が解消されて、健康にもよいと思います。

ただ、普段運動をせずに、いきなりゴルフをするというのは体を痛めてしまうおそれもありますので、スコアアップのためにも日頃から散歩をしたり、ストレッチをすることをおすすめします

とても奥の深いスポーツ

ゴルフはなにより、それ自体が奥が深いスポーツです。簡単に上達することが難しいです。

私もゴルフを始めた当初は、「地面に止まっているボールを打つんだから簡単だろう」と思っていましたが、さにあらず。「なんでこんなに飛ばないんだ」「なんでこんなにスライスするんだ」「なんでダフリばかり出るんだ」という感じでした(笑)。

それでも、めげずに練習をしていくと、だんだんと「ここがいけないんだな」とわかってきます。そして改善すると、飛距離が増えたり、曲がらなくなってくるんですよね。

ゴルフは「難しいが、努力の報われるスポーツ」だと思います。

ゲーム性の高さ

そして、ゴルフはゲーム性がとても高いです。いろいろな要素を高めないと、スコアをアップできません。

まず、飛距離を伸ばすならスイングを正しいものにしたり、筋力トレーニングで筋力を増やしたり、ストレッチで体の柔軟性を高めることが必要です。

ショットの正確性(距離感と方向性)を高めるには、やはりボディーターンを使ったスイングにしたり、グリップの無駄な力を抜いたりしなければいけません。

さらに、アプローチやパッティングという小技も重要です。アプローチについてはプロのようにたくさんのバリエーションを習得する必要はないですが、ランニング、ピッチエンドラン、ピッチショットは練習しないといけません。

こうしてゴルフの各能力を高めた上で、さらにコース戦略を磨きます。フェアウェーのどこを狙うか、2オンを狙うのか刻むのか、ハザードを避けるのか越えていくのかといった具合です。

加えて、平常心を保つメンタル・コントロールも必要です。大きなミスをしてしまったり、ショットの調子が悪かったりすると、心理面がスイングやプレーに悪影響を及ぼして、スコアを落としてしまうことがよくあります。

こうしてスイングも小技もコースマネジメントも精神面もすべてが噛みあってはじめて、スコアアップができます。

いやあ、ゴルフって本当に奥が深いものですね(水野晴郎風に)。そして実力がスコアではっきりと示されるので、楽しいのです。

個人競技であること

ところで、ゴルフは個人競技です。スポーツには野球やサッカー、バスケットボールのような団体競技もありますが、これらはチームが集まらないと練習するのが難しいですし、人間関係という問題もあります。

聞くところによると、シニアの方がするゲートボールは、けっこう人間関係がわずらわしいそうですね。ゲートボールは団体競技なので、誰々が敵のボールを弾かなかったから負けた、というように責められることもあるそうです。

せっかくの楽しいスポーツなのに、責められたくはありませんね、私なら。

その点、ゴルフは基本的に個人競技なので、一人で好きな時間に練習することも出来ますし、チーム競技のように人間関係に気を遣う必要もありません。

忙しいビジネスマンにぴったりのスポーツだと思います。

ゴルフは大人になって始める方が多いですが、仕事をしていると職場での人間関係に疲れたり、努力をしても報われなかったりということが多いものです。

その点、ゴルフなら人に気を使わなくても一人でこつこつ練習ができますし、正しい練習をすればスコアアップとして必ず報われます。

そのため、ゴルフ人口は多いですし、ゴルフは挫折する人が少ないといわれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)