ホーム » コラム »

賭けゴルフはどこからが違法か

賭けゴルフはどこからが違法か


スポンサード リンク

以前、相撲界で賭博が大問題になりましたが、ゴルフでも賭けゴルフというものが存在します。聞いた話ですが、以前のアメリカPGAツアーは「緑の賭博場」と呼ばれていたとか。

賭けゴルフは別名を「握り」ともいいます。私はゴルフ自体が楽しいのですが、賭けないと燃えないというゴルファーもいます。

スポンサーリンク

しかし、競馬や競輪などの正式に認可されたギャンブルと違い、賭けゴルフは刑法の「賭博罪」に該当してしまいます。

ただし、「一時の娯楽に供する物」すなわち日用品を賭けるだけなら違法になりません。例えば、負けた方が昼飯をおごるとか、ケーキをおごるとかです。

そうしますと、1万円のディナーを賭けるというのはどうなるのでしょうか。私のような庶民からすると一万円は大金ですが、お金持ちからすると小額でしょう。

昔はアメリカPGAでもゴルフ賭博が蔓延していたという噂を聞きましたが、なかなかスポーツと賭けは切り離せないようです。

というわけで結論は、ゴルフ賭博をするなら食事一食分くらいを賭ける程度にしておきましょう。金銭を賭けるのは違法ですよ。違法行為をすると会社を解雇されてしまうこともありますので、十分に注意しましょう。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)