ホーム » コラム »

タイガー・ウッズに勝つ方法?

タイガー・ウッズに勝つ方法?


スポンサード リンク

私のようなアマチュアゴルファーでも、タイガー・ウッズやフィル・ミケルソンのような一流プレイヤーに勝てる方法があります。

「そんな、うそだろう」と思われるでしょうが、まるっきり嘘ではありません(笑)。

スポンサーリンク

それはどんな方法かと申しますと、彼らと1ホールだけで勝負するのです。

それもできればパー5のような距離の長いホールの方がよいでしょう。

なぜこれでタイガーに勝てるか。それは、彼らのような一流のゴルファーでも、ショットの調子が悪いときは球が右に左に曲がってしまうものです。

そして、1ホールだけで勝負すれば、タイガーといえどもティーショットを大きく曲げてラフに入れたり、林に入れたり、OBすることもあるでしょう。

一方、こちらはとにかく安全策で、フェアウェイをキープすることだけを心がけます。600ヤードくらいのパー5なら、ティーショットで230ヤード、2打目をスプーンで200ヤード、3打目を5番ウッド辺りで170ヤード。

これなら3オンでき、パットの調子がよければバーディーが狙えます。

なるべくミスしないことはできる

さて、仮にタイガー・ウッズが1打目をOBしてくれれば、まずこちらの勝利は確実です。そうでなくても、ラフに入れてくれれば2オンはできないでしょうからこちらがバーディーを取れば引き分けにできるかもしれません。

つまり何を申し上げたいかといいますと、1ホールだけをみれば、一流選手といえどもボギーやダブルボギーなどを叩くことがあります。

しかし、タイガーと私が18ホール通して戦えば、確実に私が大差をつけられて負けます。

つまり、一流選手というのは4日間、72ホールを通じての総合力が優れているわけです。

逆に、私のようなへぼゴルファーは、ラウンド中1ホールでもナイスショットが打てたりバーディーが取れるととてもうれしいのですが、それはまぐれかもしれません。

そのため、1ホールだけでなく、18ホールでのスコアがよくならないと上達したことにはならない、と思うのです。

例えばあるホールで思い切って攻めたらバーディーが取れたけど他のホールは全滅だった、というのではなく、18ホールを通じてミスを少なくして、確実にパーを狙っていくことこそスコアアップの近道ではないでしょうか。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)