ホーム » コラム »

とんねるずとビートたけし・所ジョージがゴルフ対決

とんねるずとビートたけし・所ジョージがゴルフ対決


スポンサード リンク

昨日、フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」スペシャルで、とんねるずのお二人と、ビートたけし(北野武)さんと所ジョージさんとがゴルフ対決をするという番組がやっていました。

そういえば、昔はお正月あたりにタモリ、たけし、明石家さんまというビッグ3がゴルフで対決するという番組がありました。あれはタモリさんが黙々とプレーする一方でたけしさんとさんまさんがギャグを飛ばすという面白いものでした。もう放送しないんですかね。

スポンサーリンク

タモリさんもゴルフ中の事故もあってか、最近はあまりゴルフをされていないと聞いたことがあります。

それはともかく、面白そうなので観てみました。なお、内容についてはビデオに撮って見たわけではないので、私の勘違いもあるかもしれませんが、ご容赦ください。

さて、この対決は全罰オープンというすごい名前がついています。もちろんタイガー・ウッズも優勝していません(参加もしていませんが)。

どういうことかといいますと、4ホールでの対決で、各ホールごとにとんねるず組とたけし、所組の負けたほうが罰ゲームをさせられるという恐ろしいものです。

そして、罰ゲームの内容はわさびがすごくきいているお寿司を食べる、懐かしの熱湯風呂、昔のネタをやる、ものまねをやるなどのメニューが揃っているのです。

特に大物芸人さんは昔のネタはあまりやりたくないでしょうが、視聴者には見ものです。

ゲームの内容

さて、ゲーム内容はそれぞれベストボールを選んでスコアのよかった方が勝ちというものです。引き分けの場合はバンカーショットなどでどちらがピンに寄せられるかの勝負になります。

まず1番ホールはパー4。距離は350ヤードくらいだったと思います。まずビートたけしさんですが、どっしりとした構えから豪快なドライバーショットを放っていました。

飛距離もだいぶ出ていたので驚きました。御年63歳だそうです。

所ジョージさんはご自分でクラブをつくるほどのゴルフ好きで知られています。スイングはトップがコンパクトで、タメがやや長い感じでした。

さすが、ショットが安定していました。

続いてとんねるずのお二人。木梨憲武さんはあまりくせのない、きれいなスイングをされているという印象でした。

石橋貴明さんは元野球部らしい、豪快なスイング。アッパーブローな感じでした。

1番ホールは両組ともフェアウェイキープ、飛距離も出ており、ハイレベルな戦いです。

確かセカンドショットでみごとにグリーンを捉えましたが、両組ともパッティングに苦しんでいました。もちろん最初のホールですし仕方ありません。

バンカーショット

たけしさんはパットがショート気味でした。これは残念ながら最後まで続いてしまいました。10メートルほどのロングパットが多かったので、距離感が合わないのも無理はありません。

結局両者ともパー。戦いはバンカーショット対決に移ります。確か所さんは1発で出せず、たけしさんがグリーンに乗せたのだったと思います。

しかし、とんねるずが勝ち、罰ゲームは昔のネタをやるというもの。なんとビートきよしさんも登場し、お二人で漫才をしていましたが、やはりたけしさんの漫才は面白いですね。

続いて2番ホール。136ヤード位のパー3です。たけし・所組は見事にワンオン。とんねるずはどうだったのか忘れてしまいましたが、結局とんねるずが罰ゲームをさせられることに。

内容はものまね。木梨さんが五木ひろし、石橋さんがアントニオ猪木でゴルフをするというもので、これも面白かったです。なかなか彼らのものまねは見る機会がないので貴重ですね。

ところで石橋さんはパッティングのとき、ややオープンスタンスなように見えました。

確かこのホールだったと思いますが、石橋さんの見事なアイアンショットもありました。

続いて3番ホール。340ヤード位のパー4。なんとこのホールで、石川遼君が登場。といってもプレーヤーとしてではなく、解説者としてです。

ここは左側に池があります。たけしさんは見事にドライバーでフェアウェイキープ。距離も出ていました。

ティーショットに異変が

ところでとんねるずのお二人は、アプローチやバンカーショットのときにフェースを開いて本格派でした。

さて、とんねるずのティーショットは、ここまでショットが好調だった石橋さんに異変が。ドライバーでトップしてしまいましたが、ボールはフェアウェイに。

木梨さんに「置きに行った」と冷やかされていました。木梨さんもセカンドショットでシャンクしてしまい、石川選手にいいところを見せられなかった悔しさに溢れていました。

結局このホールはたけし・所チームが勝ち、罰ゲームは辛さ10倍というわさび入りの寿司を食べるというもの。私はこういう食べ物を遊びに使うのはあまり好きではありませんが、水にまでわさびを入れたたけしさんには脱帽します。

思わず寿司やガリを吐き出してしまう二人を困ったように見つめる遼君。木梨さんが「これが僕たちの仕事なんだよ」といい、たけしさんが遼くんに「だから君はゴルフで頑張ったほうがいいよ」という場面は、プロのつらさを垣間見た思いで、印象的でした。

そしていよいよ最終の4番ホール。ティーグラウンドの少し先から左側にずっと池が広がっていて、すごいプレッシャーとなっています。

ここでまたもたけしさんがみごとなティーショット。フェアウェーのよいところをキープします。

結末は

これに負けじと石橋さんも3番ウッド(?)を振るのですが、またもトップが出てしまいます。おまけに場所がフェアウェー左側の木がじゃまになるところ。これはピンチです。距離も出ませんでした。

そこで木梨さんが池越えのショートカットに挑みますが、距離が足りずに残念ながら池ポチャ。

セカンドショットでとんねるずチームは難しいところから打ちます。そして石橋さんがみごとなショット。ドローがかかっているように見えました。

続いてたけし・所チームはグリーンにオンした一方、とんねるずはグリーン右の林へ。そこから石橋さんのみごとなアプローチで、リカバリーします。

結局パットが好調だったとんねるずに対し、たけし・所は痛恨のショートパット。最後の罰ゲームである熱湯風呂は、ビートたけしさんが入っていました。芸人さんは大変ですね。

感想は、みなさんゴルフがお上手なことに感心しました。また、それぞれスイングに特徴があって、私にも参考になりました。プロはスイングにあまり癖がないので、かえって参考にならないのです。

とんねるずは以前にも、石橋さんがセントアンドリュースに挑む企画などをしていました。今後もゴルフ関連の企画に期待しています。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)